My Favorite architecture  世界の建築

僕の好きな建築はいろいろあるけれども、とりあえず自分で実際に見て、自分で写真を撮った物の中から選んでみました。

 

古代  イスラム  ロマネスク  ゴシック  ルネッサンス  バロック  モダン


                写真をクリックすると詳しい画像が見られます

古代

パンテオン

 

アグリッパによって紀元前に建てられ、紀元120年頃にハドリアヌス帝によって再建された。現在も、ローマの中心にそのままの形で残っている。
内部に孤立した宇宙を抱え込んだ完璧な建築。

 


 

パルテノン

 

 言うまでもなく、アテネのアクロポリスの丘に建つ、女神アテナにささげられた神殿。前447年。


アグリジェントのコンコルディア神殿

 シチリア南部、アグリジェントの丘の上に立つギリシャ植民地時代の神殿。BC450年ごろの建立とされているので、アクロポリスのパルテノンとほぼ同時代のもの。
パルテノンが妻側の柱8本、軒側が17本なのに対して、それぞれ6本と13本と一回りコンコルディア神殿の方が小さい。又、柱の太さと高さの比率が、パルテノンの方がほっそりとした印象を与えるのに対して、コンコルディアの方は少し太めでどっしりとした印象を持つ。しかし、その柱のプロポーションは決して鈍重な印象を与えるものではなく、よく見ていると安定した、美しいプロポーションに見えてくる。
当時としては、コンコルディアの方が普遍的な神殿のあり方で、パルテノンが特殊なものであるという説もある。


イスラム

スレイマニエ・モスク

 トルコの第10代皇帝、スレイマン1世の命により、建築家ミマール・スィナンによって、1558年にイスタンブール旧市街の丘の上に建てられたイスラム教のモスク。
4本のミナレットと美しい前庭を持つ。大ドームの周りを小ドームが支えるような形をした、典型的なトルコのモスク建築で、内部は壮麗な大空間でありながら、大小ドームの球形によって包み込まれるような空間になっている。細部のディテールも素晴らしく、数あるイスタンブールのモスクの中の最高峰と言える。


アルハンブラ宮殿

 スペイン、グラナダに建つイスラム時代の宮殿。ヨーロッパの教会建築が天上の楽園を目指すとすれば、ここには地上の楽園がある。

グラナダは15世紀末までイスラム王朝の都だったところ。その文化がいかに爛熟していたのかがよく解る。


ロマネスク
聖マドレーヌ
   (ヴェズレー)

フランス、ブルゴーニュ地方には,ロマネスク時代の美しい町と教会が点在している。その中でもひときわ美しいのが、ヴェズレーの丘の上に建つこの聖マドレーヌ寺院。

正面入り口の上の,半円形のタンパンの浮き彫りは、ロマネスク独特の細長いキリスト像で、優雅だけれども、親しみやすさを感じさせるもの。


ゴシック

シャルトル大聖堂

 

ゴシック教会建築の最高峰。内部の柱は細いリブに分割されて、優雅に天に向かってのびて行き、軽やかなオージブとなって天井を覆う。

建築は凍れる音楽、と言ったのは誰だったのか。


サントシャペル

ゴシック様式も後期になると、技術の発達と共に壁が少なくなり、開口部が大きくなってくる。この二層構成を持つ、サントシャペルの上の層の礼拝堂では、ほとんど壁がなくなって、柱間の床から天井までを、いちめんのステンドグラスがおおう様は壮麗の一語。

パリの中心、シテ島にある、王宮付属の礼拝堂。


ルネッサンス

サンタ・マリア・デッラ・パーチェの回廊

 ルネッサンスの巨匠、ドナト・ブラマンテによって、1504年に作られた修道院の中庭回廊。

1階のアーチを繰り返す柱と、2階の臥梁を載せさらにスパンを二分の一に割った柱の関係が絶妙で完璧な比例関係を作り出している。
それぞれの柱のディテールは考え抜かれたもので、緻密な構成の上に建っていながら、何時までも見る者を魅了する。


サン・ピエトロ・イン・モントリオールのテンピエット

ローマのテベレ川の西側、ジャニコロの丘のふもと、サン・ピエトロの殉教の地とされるところに建てられた、サン・ピエトロ・イン・モントリオ教会。
その中庭に立つテンピエットは、やはりブラマンテによって1502年ごろに建てられた、殉教記念礼拝堂 。
盛期ルネッサンスを代表する建物で、小さいながらブラマンテらしい完璧な比例関係を持つ緻密な建物。

内部も均整の取れた美しさを持つと同時に、天井のブルー、床の美しいモザイクタイルによって、優しさが感じられる。


ヴィラ ジュリア

ヴィニヨーラとアンマナーティの設計によると言われているけれど、ミケランジェロや、ヴァサリーも設計に参加したとも言われている。現在のヴォルゲーゼ公園のはずれにあって、エトルリア美術館として公開されている。

建物は内側に半円形の優雅な回廊を持ち、それに呼応するかのように、庭園の反対側に軸線に沿って、半円形の一段下がった庭がある。


ピアッツア カンピトリーノ

 古代ローマの七つの丘の内でも、もっとも神聖な場所であったカンピトリーノの丘をミケランジェロが整備したもの。

正面には市庁舎の建物、左右に対称にコンセルバトーリ宮(現カンピトリーノ美術館)の建物に囲まれて、楕円形の中心が盛り上がった、独特の模様を持つ広場。様式的にはルネッサンスと言うよりもマニエリズムにかかっている。


バロック

サン カルロ教会

 ローマ中心近く、道路の四つ角にそれぞれ泉があるので、クワトロ フォンターネと呼ばれる場所に建っているので、サン カルロ アレ クワトロ フォンターネと呼ばれている。建築家ボッロミーニの傑作であるだけでなく、バロック建築の最高峰。僕の大好きな建築で、ローマに行く度に訪れている。独特の模様を持つ楕円形のキュウポラから落ちてくる微妙な光に包まれた礼拝堂の空間は静謐そのもの。

付属する回廊を持つ中庭も、小さいけれどボッロミーニらしいシンプルで美しいものです。


シラクーサの大聖堂

 イタリアでは古代の遺跡の上に教会がたてられている例は数多くあるが、これほどはっきりとその痕跡を残している教会も珍しい。
紀元前5世紀にギリシャ人によって建てられた、アテナ神殿を7世紀ごろにビザンツの教会へと改修され、17世紀に大地震によって破壊された正面ファサードを建築家アンドレア.・パルマによって、バロック様式で作りなおしたと言う。
建物の北側側面と内部にははっきりとドリス式の列柱が姿を見せている。内部の神殿の壁があったところをくりぬいてアーチの連続する列柱として、身廊と側廊を備えた3列構成の典型的な教会空間になっている。
この古代の柱が教会の空間と一体となることで不思議な威厳のある空間になっている。


モダン

ウイーン郵便貯金局

 ウイーンの近代建築運動、ゼツェションの中心的建築家、オットー ワグナーの代表作。

外観は今から見ると、装飾的だけれど、鉄の鋲で外壁の石を留めているのが特徴的。内部のメインホールにはいると一転して、一面ガラス張りの天井から降り注ぐ光に驚かされる。空調の吹き出し口、階段の手摺りなどにゼツェション独特のデザインが見られる。


ヒルハウス

 スコットランドの建築家マッキントッシュの設計による住宅。マッキントッシュはゼツェションの連中やライトとも影響しあっていたらしい。

この住宅はグラスゴーから一時間ほどの海辺の町、ヘレンズバーグの丘の上に建っているので、ヒルハウスと呼ばれている。部屋の隅ずみから、家具はもちろん、絨毯、食器に至るまでマッキントッシュ独特の植物をモチーフにしたデザインで埋め尽くされている。


ウイローティールーム

 同じくマッキントッシュによるティールーム。
グラスゴーの町の中心にあるのですが、この写真を撮ったのがもう40年ほど前で、そのころから取り壊しのうわさがあったので、今でも残っているのかどうか、どなたかご存知でしょうか。
お店が終わるのを待って、撮影させてもらいました。


ロンシャンの教会

フランスのスイス国境に近い、ロンシャン村の丘の上に建つ、ル コルビュジェの設計による巡礼教会。

外観の自由な造形、柔らかな形はまるで食べたら美味しそうに見える。内部は天井のスリット、厚い壁にうがたれた様々な大きさの開口部から入る光で敬虔な気持ちにさせられる。特に主祭檀の上にある開口部のなかのマリア像が逆光でシルエットだけ見えるのが美しい。


ユニテ ダビタシオン

同じく、コルビュジェの設計による、マルセイユの郊外に建つ集合住宅。

戦後の復興期に建設され、コルビュジェの近代建築の理念の実現されたものとしてあまりにも有名。今でも建設当時のままに、住人たちに愛されて住まわれている。


カサ バトリョ

バルセローナの建築家アントニオ ガウディの設計による集合住宅。現在はオフィスとして使われている。

外観はガウディ独特のうねるような壁、上部には龍の背中を思わせる、青い瓦の飾り屋根が乗っている。ガウディは爬虫類が好きだったのか、トカゲのようなモチーフがよくでてくる。内部は、トップライトから光の降り注ぐ、吹き抜けた階段室の周りに、部屋が配置されている。全て曲線で構成されている。


このページのトップに戻る

Home

Profile

Our Job

Works(1)

Style

Works(2)

My Favorit
 Things

Sentimental
 Journey

Foods

under
 consturaction