gc@HZ's Diary

-- 2000年5月中旬 --

Last-modified: Thu, 25 Jan 2001 01:27:10 JST

[static,jconv:jcode,cache:on]
powered by tds-1.3.2

Prev 2000/5 Next
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

[最新版] << == >> [上旬] [中旬] [下旬] [一覧] [URL リスト] [辞書]
[日記観察] [TDS] [back]



2000/5/10(Wed) [n]

%1 雑記(朝)

夕べも結局3時半くらいまで起きていました(何をしていたんだか)。それでも目覚ましの音とともにパッと目がさめる私は高血圧(^_^;

睡眠時間不足のせいか、そろそろ体調が悪さを自覚するようになってきました。今日こそは早く帰ってさっさと寝ようと決意するのであった。

午前中は・・・何してたんでしょうね。ちょっと式を書いたりしていたのは確かなのですが、気がつくと昼でした。

%2 雑記(昼)

仕事したくないモードに突入してしまったので、計算式のまとめをLaTeX2εで書いてみたり。手元にあるpLaTeX2ε for Windows* Another Manual Vol.0(ソフトバンク)を見ながら、epsファイルを取り込んでみたり・・・あれ、うまくいかないぞー。ファイルはあるのに、dvioutが「ファイルが見つかりません」って言ってくる。なぜ?と思いながら試行錯誤すること10分ほど・・・TeXのファイルをepsのあるディレクトリーとは別のところにセーブしていたことに気づく。大馬鹿である。TeXファイルをセーブし直しすると、ちゃんとepsが取り込めた。つまらないミスで時間を使ってしまったにゃあ。

ところで、取り込んだのは簡単な座標系の絵なのですが、これは Ngraph for Windowsで作画してNgraphのgraファイル形式で出力し、これをgra2psでepsに変換するというやり方で作ったものです。座標系の絵をNgraphで描くという時点で、無駄なことをしているなあと思うのですが、手元にeps形式できれいな絵を描けるソフトがなかったりします。一応、花子もeps形式の出力をサポートしてはいるのですが、いちど試してみたところ文字がつぶれて読めず、使えないと判断しました。今後のことを考えるとDRAW系のソフトを購入した方がよいのでしょうか *1

こちらより。Ather解散とのこと。美少女系PC雑誌にきみづか葵さん作画の新作「好きだよっ!」が紹介されていたので、がんばっているなあと思っていたのですが、どうも別ラインのソフトが完成しなかったため解散となったらしい。「好きだよっ!」は何とか完成させるとのこと。

どんどん新興メーカーが参入する一方で、こういう風に消えていくブランドもあるのだなあと、ちょっと感慨深くなってしまいました。


*1:何かいいソフトないでしょうか?


2000/5/11(Thu) [n]

%1 昨日のこと

帰りがけに飲みに誘われたので飲みに言ったのですが、ちょっとしたことがあって落ち込んでしまい、鬱モードに入ってしまいました *1

帰りの電車内で、戸部新十郎「秘剣 埋火」を読了。著名な剣豪を中心においた時代小説短編集です。派手な斬り合いがあるわけではありませんが、剣尖一閃決着がつくという描写になんともいえない味わいのある作品でした。

帰宅後日記の続きを書こうと思ったところ、MOを持って帰るのを忘れていました(T_T)。がっくりしてごろっと横になったら、飲んでいたせいもあり知らないうちに眠ってしまいました。


*1:単に私の要領が悪かっただけなのですが・・・

%2 雑記(朝)

5時過ぎに目がさめたので、昨日の残り湯に入る。湯船に使ってしばらくぼーっとしていました。

ちょっとはましになりましたが、鬱モード継続中。基本的に躁鬱気質なので、いったんはまるとしばらく抜けられません。今回は軽いように思うので、2,3日で回復するとは思うのですが・・・。

朝日新聞の朝刊で、声優 塩沢兼人さんの訃報を読み愕然とする。あーる、ブンドル局長など代表的な役をあげればきりがないくらい大活躍されていただけに残念です。ご冥福をお祈りします。

%3 雑記(昼)

ZDNNより、米国版PS2の速報。10月26日に発売、299ドルかー。日本版より1万円くらい安いっていうことは、あと半年ほどの間に量産効果で価格が下げられるっていうことかな。日本版も安くなるのかな? *1

昼食を済ませたころから気分がだいぶましになってきました。今回の鬱はあんまり重くなかったみたいです。

おとといの日記に書いた報告書の件。、昨日帰る前にセーブしようとしたところ、図表がたくさんあったためかセーブ途中でWord*がおちてしまいました。今日見てみたところ、昨日追加した前半部分の式や図表がすっ飛んで×マークになっていたので、しょうがないなあと思いながら書き直していたのですが、最終的に全部印刷してみたところ、おととい作成した部分の図表、数式も全部きれいさっぱりなくなっていた *2。愕然。おととい必死になって書いたところなので、いまさら作り直す気もしないしどうしようかと思っていたのですが、おととい上の人にチェックしてもらった部分の一枚目だけを差し替えれば何とかなることに気づき、それで勘弁してもらいました。

こういうトラブルに見舞われると、Word*って使えないワープロだなあと思います *3


*1:とはいえ、すでに持っている私にはあんまり関係ないか(^_^;)
*2:前半部分しか見ていなかったので、追加したところだけがだめになったと思い込んでいたのでした。
*3:OSをWindows2000に変えてから、Word*やExcelがよくおちます。同じ会社の製品なのになぜ?この辺がやっぱりMicrosoft*っていうことでしょうか(ため息)。

%4 雑記(夜)

今日も結局8時過ぎまで会社にいた。早く帰ればいいものを、と自分でも思う(^^ゞ

帰りに本屋に寄り、

を購入。OMOIKANE/Gnu Linux*がついているうち、結局日系の方にしました。「田宮模型の仕事」は以前ハードカバーで出ていた本の文庫化(加筆あり)。かつての模型少年としてはぜひ読んでおかないとと思っていたので、文庫化されてうれしい限りです。

帰宅後、3号機と4号機のキーボードを入れ替える。3号機にはミツミのキーボードをつけていて、これが薄くてコンパクトなためそこそこ気に入っていたのですが、いかんせんサブノートPCのキーボードのような感じでキーピッチもストロークも足りないため、日記を書くのに不都合を感じるようになっていました *1。一方、4号機にはHappy Hacking Keyborad Lightをつけていましたが、4号機を文章書きに使うことはほとんどないので、思い切って取り替えてみました。いまもHHK Liteでこれを書いていますが、US101キーボードでかつカーソルキーが無いというのに鳴れていないせいか、もうひとつはかどりません。でもキーのストロークが深い分やっぱり打ちやすいように思います。

キーボードに慣れるため、久しぶりに「ナイトライター」の練習モードををやってみました。が、ミスタッチが多いです。特に右のほうのPとかL。あと、Rank-Aになると指が追いつきません。Rank-Sがタイプできる方は、もう大尊敬しますね。

CD-ROMが入っているので、ついでに「三大オタク こみパ最大の決戦」をやりました。今日は詠美ちゃんさまをクリア。ニセモノ、めかめか詠美ちゃんさまですか。本物の一万倍の能力ねえ・・・笑わさせていただきました。あと残りはあさひと千紗。ぼちぼちとやることにしましょう。


*1:逆にいえば、いままでほとんど文章を書いていなかったということなんですけどね(^^;)。あとFreeBSD*機にtelnetしてMuleを使うことを考えると、やっぱりCTRLキーはAの横にほしいです。


2000/5/12(Fri) [n]

%1 雑記(朝)

報告書の件。今日見ると機能作り直した部分がまたしてもだめになっていて、図面・数式に全部×印。なんかメモリー不足な気がしてきた。Windows2000になってNT4よりもちょっとメモリ*瑤い砲覆辰慎いするので *1。とりあえず文章を二つに分けて、昨日作った前半部分だけ修正することにする。幸い、×印のついている部分のうち数式については一度数式エディターを立ち上げた後、プロパティで大きさを修正することにより復旧することが出来たので、図面だけもう一度張り直し。

社内向け報告書のため、納期が無いようなものだったことが幸いしたが、納期が迫っているときにこういう目に合ったらかなわんなあ、と思いましたね、ええ。


*1:(追記)確証はないですが、このWord*ファイルを一太郎に読ませてみたところメモリー不足で変換できませんって言われました

%2 雑記(夕方)

今日は歯医者の予約が入っているので5時に退社。

帰りの電車で、谷甲州:「覇者の戦塵1943 激闘 東太平洋海戦3」を読了。相変わらず地味な話ではあるが、面白い。他の架空戦史ものって読んだことがないし *1、比べる気もないのだけれど、技術者の観点から見たあり得たかもしれない物語ということで、当然のことながら変な超兵器も出てこないところが作品の質を上げていると思う *2。次巻で話に一区切りつくのだが、今回の話がどういう風に収束するのか興味あるところである。

途中で本屋に寄り、

を購入。コズミック、ジョーカーは相変わらず厚い。3冊で2千円を越えてしまった(^^;)。

電車〜歯医者の待合でスレイヤーズ読了。一冊の中では構成がもうひとつとか文章の密度が薄いとか(^_^;)いろいろ問題はあるが *3、第2部の中で周到に(だと思いたい)引いてきた伏線がまとまるところは感心した。最後はこういう風に締めるわけね。ちょっとスレイヤーズっぽくない終わり方ではあるけれど、シリーズを最終巻としてはこれでいいのでしょう。ところで、獣王ゼラス=メタリオムが女性型というのはゼロスの絡みで聞いたことがありましたが、海王ダルフィンが女性型というのははじめて知りました。で、戦士系とおしとやか系どっちがどっちなのでしょう?

歯医者にて、前回型を取った銀冠をかぶせてもらう。はめた感じはまだ違和感があるけれど、だんだん慣れてくるのでしょう。今のところほんのちょっとだけほかの歯より高いように思うので、削ってもらう必要があるかもしれない。


*1:すでにブームも去りましたしね。
*2:日本軍の九七式戦車の砲では米軍のM4シャーマン戦車の装甲を貫通できないので、キャタピラ切断を狙う攻撃をする、なんていう描写が多く見られます。
*3:実際1時間くらいで読めてしまいますから、コストパフォーマンスはあんまり良くないです。

%3 謎リスト(笑)

いや、ぜんぜん謎じゃないんですが、fj.rec.games.video.charactersの記事で、丸山@横浜さんの買いたいゲームが50本くらいあるっていうので、じゃあ私はどのくらいあるのだろうとリストアップしてみました。4月発売でまだ買っていないものと、今後発売されるゲームからピックアップ。PCエンジェル6月号の発売リストに基づいて、発売予定の順番になっています。◎は確実に購入するもの、○は買おうかなって思っているものです。

18本ですか・・・。取り落としや4月以前のゲームを含めると大体24,5本っていうところでしょうか。8月末くらいまでの予定ですから、結構多いですねえ。全部買っていては金がいくらあっても足りないので、実際に買うのはもう少し減りそうですけれども。

しかしながらざっとリストを見直してみると、我ながらキャラクターCG重視で選択しているようです。


2000/5/13(Sat) [n]

%1 ゆうべのまじ☆アン

なつみちゃんを狙ってみるも、出現条件をみたさなかった模様(T-T)。途中でスフィーねらいに変更し、LV3エンド。ふむ、LV3だとエッチシーンがこう変わるわけね。シチュエーションはすごくえっちだけど、自分でやりたいとは思わないぞ(^^;;;

終わるとすでに明け方の5時半。何をしてるんでしょうねえ、まったく。

%2 日本橋ぐるぐる

いつものように日本橋へ。気のせいかいつもよりも人通りが少ないようだ。連休明けのせいかな?

毎度のとおり地下鉄恵比寿町の駅を起点に、周辺のソフマップ→DOS/Vパラダイス日本橋店→ふぁすとばっく→TwoTop→ミック→ゲーマーズ→虎の穴→ソフマップザウルス→DOS/Vパラダイス難波店というルートでうろうろする。

PCパーツ関係は特に掘り出し物なし。どすぱら日本橋でGIGABYTEのソケット370ATマザーを見る。まだ最新のATマザーってあったのですね。VIAのApolloPro133チップセットらしいので、最新のCoppermineにも対応しているようだ。これを買えば我が家唯一のAT機である2号機も、もう一回最新の環境にできるかなと思ったり。

今日の目的のひとつはComi Comiのカタログ入手だったのですが、14日発売だったのですね。今日だとばっかり思ってました。仕方なくあきら*め。来週までのこってるかなあ。

ということで、あんまり買うものないのかなと思っていたのですが、最後でどかんと(というほどのものではないですが)買い物をしてしまいました。以下リスト。

Namo Webエディターはちょっと前のDOS/Vマガジンに収録されていたの体験版が結構使いやすかったことと、数式が書けてしかもTeX形式の出力ができるということから買いたいと思っていたのですが、今日見ると株式公開記念とかで「値段が下がっている+無料バージョンアップ付」だったので購入決定。ついでにこれも前からほしかったPhotoshop LEを購入 *1

Eye's BlueはI'veが担当したゲームのテーマソングを集めたミニアルバム。I've Sound炸裂っていう感じです。しかしどのゲームもやってない(^^ゞ。

Acid Wareはだいぶ前に発売になっていたC's Wareのデスクトップアクセサリー集。処分価格953円だったので、このくらいならまあいいかと購入。

イティハーサは文庫化を機に読むことにした。しかし読者の半分が男っていうのはホンマかいな。だれがしらべてん、と突っ込んでおこう。


*1:ずっとDAISY ARTを買っていた(not使っていた(^^;;;)のですが、今回バージョンアップし損ねたということと、CGの描き方解説はPhotoshopが多いことから決断。さすがにLEではなく本物を買う決心は着きませんでした(^_^;)。

%3 PCとインストールと雷さま

どうも先週買ったAthlon機が来そうにないことと、OMOIKANE/Gnu Linux*をインストールしてみたかったので、2号機にインストールすることに決定。必要なファイルのバックアップを取った後FreeBSD*を削除。Partition Magic 4.0についているBoot MagicをWindows*にインストールして、これをBoot Managerとする。ディスクの空き容量の半分をFreeBSD*、残り半分をLinux*に割り当てることにして、まずPersonal UNIXからもう一度FreeBSD4.0Rをインストール。インストール中にAthlonマシンが到着。なんと間が悪いのかと思いつつも、とりあえず計画どおりすべてインストールすることにして作業を続行。パッケージはインストールせず。この時点で夕方になっていたのでいったん中断し、日が暮れる前に散髪屋へ。さっぱりして帰ってきたところで、日経Linux*付録のCD-ROMからOMOIKANE/Gnu Linux*をインストール。このあたりから雨が降り出し雷が鳴り始めた。何とか間に合うかなとおもいつつ作業を続行していたが、だんだん雷雨が激しくなる。再起動後Linux*の環境設定をはじめたところで、ついに一瞬停電。当然PCはおちた。当分雨がやみそうもないことから食事をして、ごろごろしながら雷が遠ざかるのをまっているうちに眠ってしまった(^_^;)。目がさめた後、2号機を再起動。特に問題はないように見える。環境設定の途中だったこともあり、もう一度最初からOMOIKANEをインストールしなおす。今度は無事終了。

OMOIKANEに関しては、以前一度だけDebianをインストールしたときと比べると確かにインストールが楽になっている。またXの設定も結構親切なように思う。ただパッケージは主な用途に合わせてインストールする設定になっており、ユーザーがいろいろ選べるカスタムメニューが無い模様。またX上でemacsを起動し日本語入力を行うと、cannaはちゃんと動作するのだが確定した後日本語が表示されず文字化けする。設定の仕方を知っている人にはよいのだろうが、私のようにあんまり知識のない人間にはちょっと難しい感じがする。エキスパート向けといった印象がある。

%4 Athlonくん

ここで2号機とAthlonマシンを入れ替え *1、電源投入。すでにWindow98をインストールしてもらっているため、すぐに起動する。環境設定を自宅環境に合うよう調整。とりあえずHDBENCHやIO-DATAのGABENCH、手持ちのDVDを観てみる。結果としては

といったところで、Athlonマシンの真価はまだよくわからないっていうのが本音のところでしょうか。Windows2000でも使えばはっきりするのかなとも思います。

あと、やっぱりだめゲームがいかに快適にプレイできるかの検証は必要だろうと考え(笑)、何で確かめようか悩んだ末、画面切り替えの多いこみっくパーティのオープニングがよかろうと判断したのですが、なんとケースごと行方不明になっていました(T_T) *2。仕方なくほかのソフトを考えて、これもオープニングに画面切り替えの多いKanon*を入れてみました。起動してみると画面切り替えはかなりスムーズで、これならばゲームを快適に遊ぶことができそうです。ほかにアリスソフトのベンチもやってみましたが、これ「超々快適(神の領域)」と判定されたました。

ということで、Athlonマシン凄いのかたいしたことないのかまだ判断がつきません。Matrox G400もそんなに悪くないので、問題はDVDプレイヤーでしょうか。WinDVDかPowerDVDあたりと購入すればいいのかもしれません *3

とりあえず自宅で数値計算できる環境がほしいので、Athlonマシン(命名ayane *4)にはFreeBSD*をインストールするつもりです。


*1:ディスプレイ切り替え機がなく、ディスプレイのD-SUB/BNC入力で切り替えているため、新しくPCをいれる場合どれかと入れ替えなければならないのです。
*2:最近はLeaf*から送られてきたアップデートCDしか使っていなかったので、いったいいつから見当たらないのか見当もつかない状況でございます(;_;)。
*3:ただしPCでどれだけDVDを見るかが疑問。DVDプレイヤーもPS2も持っていますからねえ。
*4:「もっと私を楽しませて」とか、わがまま言いたい放題になりそうな名前ではあります(^^ゞ。


2000/5/14(Sun) [n]

%1 雑記

午前中。一週間分のビデオをまとめて観る。オーディアンの絵がそろそろやばくなってきたとか、Niea_7のオープニング曲のあまりのへたれ具合にさすがパイオニアと思ったり。妖しのセレスが真っ暗街道一直線なのにギャグが多いなとか、そんなところ。

セレスといえば、どうして主題歌が岩男潤子さんなのだろうと思っていたのですが、裏ヒロインだったのですね。

という具合な午前中でした。

%2 午後

友人のA君とだべりながら散歩。今にも雨が振り出しそうな雲行きだったのですが、何とか持ちこたえてラッキー。

明日が母の誕生日なので、前祝ということで夕飯は外食。駅前のかに料理屋でかにづくし。一匹丸ごとゆでたかにがついていたりして、なかなか食べ応えがありました。父と日本酒を注ぎあっていたら、ちょっと飲みすぎてしまったようです。

帰宅後Ayaneを起動していじってみる。昨日Drive Imageのバージョンアップが届いたことだし、今の環境のバックアップを取っておこうと思ってインストール。ところが、いざバックアップを取ろうとしたところ拒否される。よく考えれば当たり前なのですが、バックアップをとりたいドライブにイメージファイルが書き込めるはずがないですね(^^ゞ。 余っているEIDEのHDDもあるし、それを使ってみようかな。

ということで、今日はこの辺で。


2000/5/15(Mon) [n]

%1 雑記(朝)

どうも右足の裏に痛みがあり歩きにくいので見てみたところ、細い木屑が刺さっていました。裁縫用の針を使って穿り出したところ痛みも無くなり一安心。昨日は何とも無かったんですが・・・。

%2 雑記(昼)

最近にしては珍しくまともに仕事しています(^_^;)。しかし、ちょっとトラブルの種になるんじゃないかっていう問題が出てきたため、頭が痛いです *1


*1:根本的にモデル化を変えないといけないため、すぐには対処できないのです。

%3 Lの季節

sugichさんのところから。アンソロジーコミック、そんなによく出来ていますか。買ってみるかなあ。

そういえばLの季節は75%くらいで停滞中。全員のハッピーエンドを見てしまったので、それ以上プレイする意欲が衰えてしまったのが原因です。個人的評価としては、星原百合2号はもう別格として、天羽さん・亜希子ちゃん・鼓と現実界組の方がポイント高いです *1


*1:普通だとあんまり好きなタイプじゃない鼓に萌えてしまったというのは、やはりシナリオの出来が良かったからじゃないかと思います。

%4 本日のお買い物

今日は15日なので、

を購入。DOS/Vマガジンはメモリー特集。Win98やWin2000のメモリー管理の話。あんまりぱっとした内容ではないです。半熟マルカはなんとなく買ってしまった。早川のFTを買うのは本当に久しぶり *1。純粋なファンタジーっていうのとはちょっと違うようですが。もっとも何をしてファンタジーと定義するかという問題は、これはこれで難しいですけれど *2


*1:もともとFTはあんまり読んだことないですね。最近で呼んだのはナンシー・コリンズのブラックローズかな?
*2:まあコアなファンタジーファンには、今のヤング・アダルト系は軒並みファンタジーじゃないっていうことは間違いないです。


2000/5/16(Tue) [n]

%1 昨夜のこと

久しぶりにWebページの内容を更新すっかと思い、買ったばかりのNamo Webエディターを使ってみる・・・、が不具合発生。以前別のHTMLエディターソフトで作ったファイルを読み込ませたところ、タグを勝手に書き換えるらしく、同一ページ内でつくっていたLINK情報がとんでしまった。HTMLを見てもあまり見やすくない。このソフトで全て作成するならばいいのだろうけれども、他のソフトで作ったHTMLファイルの修正には向かないようだ。 というようなことはあったものの、それに気づいたのはずーっと後のこと。とりあえずガシガシと文章を書いておりました。3時半ぐらい(^_^;)になっていいかげん停滞してきたので、いちどWebブラウザーでチェックしたところ上のような状況が判明したわけです。LINK張りなおしかーとがっくりした上に、ここまで書いた文章があまりに冗長でますますパワーダウン。書いた文章全部ほってやろうかと思ったのですが、せっかくここまで書いたのだからと考え直し、とりあえず後日で修正することにして就寝しました。ということで、更新できてません(^_^;)

%2 雑記(朝)

という状況なので凄く睡眠不足なのでちょっとハイです。通勤途中、前を歩いていた女の人の背中にブラが透け透けだったので、前はどうなっているのだろうと思わず想像したり(爆)

午前中はプログラムを改造して簡略版を作成にとりかかる。どうも他人の作ったプログラムはわかりにくいっす。とりあえず実行するとsegmentaion errorでcore dumpする。明らかにカウンターの計算にミスっている。原因がわかったところで午前はおしまい。

%3 雑記(午後)

昼からは学会の編集委員会があるので大阪市内へ。会議まで時間があるのでジュンク堂書店へ。

を購入。さすがに西日本最大の売り場面積を誇るジュンク堂である。ほかの本屋で見つからない「美しいキラル」の1巻目がさくっと見つかった。これで連休中に買った2巻目も読めるというものである。

ジュンク堂に来るとつい本を買ってしまって財布が軽くなるのだが、今日はこの程度ですんでほっとした。

編集委員会は特に大きな問題もなく終了、かな。論文集の作成でトラブルが発生したというのがちょっと気がかりですが。ちいさな学会だけにボランティアベースのところが多いためでしょうか。

委員会後、阪大のT先生と1時間ほど研究に関する打ち合わせ。ちょっと今後の研究体制について見直しが要るね、とご指摘を賜る。

早く終了したので、ちょっと古本屋に寄る。

があったので購入。

%4 雑記(夜)

買ってきた「ザ・サードII」を読む。それなりには面白いんですが、どうも1巻のときほど突き抜けた面白さがないというか、描写、物語構成が中途半端なように思う。どこが引っかかっているのか、そのうちにもう一度読んで確かめてみよう。


2000/5/17(Wed) [n]

%1 昨夜のこと

DOS/Vマガジンで6/1号で紹介されていた わんぱくペイント を探してきたので、久々にタブレットを取り出してきて使ってみる。水彩系の塗りが簡単に出来るソフトという触れ込みの通り、なれるといい感じで塗れる。ただこちらのセンスがないので(T-T)、描きあがったものは人様にお見せできるようなものではないです(^_^;) 独自形式以外はjpegにしか出力できないのがちょっと残念かな。

しかし、DOS/Vマガジンに掲載されていたURLに間違いがあって、そこのWebページの人がわざわざ わんぱくペイント のページにLINKを張ってくださっていた。DOS/Vマガジンって結構間違った記述が多いといわれていますが、こんな簡単な(しかも他人に迷惑のかかる)ミスをするというのは、編集者のレベルを疑ってしまう。

%2 午前

昨日の続きでプログラム修正。よくみると結構間違いがあるよ、これ。修正してcoreは吐かなくなりましたが、計算結果はおかしい。どこを間違っているのかなあ。

ごうさんところから、 TINAMIX高橋&原田インタビューを読む。高橋氏と原田氏の考え方が結構違うのが面白いですね。はやってしまったせいでしょうが、最近のゲームが「泣かせる」ことから先に進まないっていう高橋氏の意見は正しいように思います。そろそろ新しいものが見たいし、そういう観点からも高橋氏の新作に期待したいところです。

%3 午後

プログラムは大分良くなってきた。ただ、入力条件によってこちらの予期しない答えが帰ってくる場合がある。もう少し見直しが必要か。

だらだらするのも何なので、7時過ぎに退社。本屋に寄るも、久しぶりに何も買わずに終わった(^_^;)。

帰りの電車で、栗本薫「グインサーガ72 パロの苦悶」を読了。感想はFayさんが 5月15日の日記に書かれていることと大体同じ。アルド・ナリスって10巻くらいは凄い陰謀好きの策士っていう感じでしたが、その後いろいろと変遷を経て変化はあったものの、最近の「パロを守るためにあえて自分の目標(古代機械の謎の解明)を捨てる」という決心が信じられなかったりします。あと、古代機械の秘密に関しては明らかに突然すぎますね。数巻前にも古代機械に関する会話などあったと思うのですが、そこではそういう話が全くなかったですから。大ポカです。まあこうしてパロは闇王国になっていくのかと思うと、感慨がないわけでもないです。

昨日買ってきた 大森葵「ソニック・ウィザード 1,2」を読む。初出が1993年ということで、今に比べると線が整理できていない感じ。伏線もいろいろあるようだけれど、連載中の「ファントム・ウィザード」につながるのだろうから、3巻ではほとんど明らかにはならないのだろうなあ。


2000/5/18(Thu) [n]

%1 昨夜のこと

ちょっとだけのつもりで眠ったのがいけなかったようで、起こされてもなかなか起きられない。がんばって起きて入浴したのですが、今度は眠れなくなってしまった。雑誌などを読んでいるうちに4時半ごろやっと眠くなったので寝ました(^_^;)。

%2 午前

睡眠不足のせいか、どうも気持ち悪い あんど むかむかする状態。

ごうさんの ここから リーフの楽曲使用に付いてを経て、 CHEMOOLことLeaf*の音楽マン米村さんのところへ。2000/05/06の日記にある『「同じポケットにアイのタレ漬けこんで〜」…いっぺん言われてからそう聞こえるようなってしもたがな!どないしてくれんねん!…イヤなポケット想像したっちゅーねん!(笑)』には爆笑。ああ関西ノリだなあ。

%3 文章書きのこと

そろそろ収束しつつありますが、fj.sys.macでDTP論争があって興味深く読んでいました。しかしLaTeXで論文書くって結構マイナーだったのですね。数式を書く分には非常にいいと思うのですが、誰もが大量に数式を書くわけではないから、数式の必要ない人には他のワープロの方が良いでしょうね。

もっともTeXでの数式作成にも限界はあります。個人的体験として、学位論文を書いたときには最終的に本文120ページほどのうち7割が数式っていうとんでもないものになって、このときには章毎にファイル分けしたにもかかわらずどこに何が書いてあるのか全くわからない状態になりました。おかげで間違いの修正をするのに発狂しそうになりました。このときの経験からすると、プログラム作成と同様に、数式を作成するときにも適宜インデントとコメントを入れる方が良いようです。

では、他の数式作成方法を考えた場合(Windows*上を想定)、

っていうところで、結局のところあまり使えそうなものってないですね。当分LaTeXは捨てられそうもないです。

TeXを使う場合の他の問題は図面作成に関することで、fj.sys.macの議論ではAdobe Illustrator以外にはちゃんとした(質の高い)psファイルを作成できるdraw softはないっていう話が出ていました。でもIllustratorは高いから・・・。Draw softを頻繁に使用するプロならともかく、たまに図を描くために使うのにはちょっと考えてしまう価格です。ある記事で紹介されていたMayura Drawっていうシェアウェア($15)を試してみたところ、確かに使いやすそうなのですが、何分日本語が使えないのがネックです。

ということで、図面作成のいい方法はないかなあと考えるこの頃です。 *2

(追記)家で調べると、論文は本文120ページ+付録40ページありました。何か少ないとは思っていたのですが。それにしても、もうこれだけの分量をLaTeXで書く気力はないですね。あのころは若かったということでしょうか(^^ゞ。


*1:Ver.4のときに長い数式の入った論文を書いたことがありますが、ちょっと修正すると文字がどこかにいくし、おまけにフロッピー1枚に納まらない。当時はHDDなんてあんまり使っていなかったからびっくりした覚えがあります。
*2:グラフに関しては、Ngraphで作成した後gra2psを通せば結構きれいなps(eps)ファイルが出来るのですが。

%4 帰り

7時半ごろ退社。帰りにバスの中で隣の研究センターの部長といっしょになる。新聞報道された事業部分社化+他社との合併の話については、今のところ会社トップレベルの話でどうなるかわからないとのこと。ただし年内には動きがあるらしい。研究所がどうなるかはわからないようだ。先行き不安であるが、なにもわからない今心配しても仕方ないようだ。

18日ということで、PC関係雑誌の最新号が発売になっていた。Software Designは多分あした出入りの本屋のおばちゃんが持ってきてくれるので買わず。Unix Magazineは置いていなかった(^^;)。ほかの雑誌はあまりたいした記事がなさそうだったので買わず。2日連続で何も買いませんでした。


2000/5/19(Fri) [n]

%1 昨夜のこと

久しぶりにまじかる☆アンティークを起動、なつみちゃんに再挑戦してみる。これまでに見たことのないシナリオに入って海にデートには行ったのですが、その後なつみちゃんがでてこなくなって玉砕。どこでまちごうたんかなあ。がっくりです。

ということで、寝たのは4時半でした。

%2 雑記(午前)

ごうさんのところより。 「えここdeふぁいと!」と「LeafBSD Ver0.2」を委託ですか。これはますます Comic Comunicationに行かねば、と思ってしまいます。

東雲さんの崩壊日記改より。 コミックス版『トップをねらえ!ネクストジェネレーション』、単行本化を待っていたんですけれど。確か発売のアナウンスがなされていたように覚えているのですが(記憶違い?)。角川騒動もさることながら、作画のそうま竜也氏の方にもいろいろと問題がありませんでしたっけ?結構連載が休載になっていたような記憶があるのですが。

%3 雑記(午後)

昼休み直前に宅急便到着。1年間CompaqのAlpha Station XP1000をレンタルすることになったのですが、これで使うFortranはこちらの買取ということでライセンス証書を送った来たものです。「精密機械 取り扱い注意」って書いてある箱を開けてみれば、A4サイズのペーパーホルダーにライセンス証書1枚が入っているだけ。どこが精密機械やねんと思わず突っ込んでしまいました(笑)。他の箱はなかったのかなあ。

CNET Japanhttp://cnet.sphere.ne.jp/News/2000/Item/000518-7.html?rmより、ナンバーナインが廃業とのこと。大分前から危ないっていう話は聞いていたのですがついに現実になってしまったのですね。またこの記事から http://japan.cnet.com/News/2000/Item/000422-2.html?ilへ。NeoMagicも撤退とは・・・。一時はノートPC用グラフィックチップといえばNeoMagicの独占状態だったことを思うと驚きです。一部チップの生産は継続するようですが。現状を見ると、グラフィックチップで大きな儲けが得られそうもないですから、仕方ないのかもしれませんが、さびしい限りです。

%4 雑記(夜)

歯医者に行くため5時過ぎに退社。帰りの電車で、三雲岳斗「レベリオン 放課後の殺戮者」を読了。タイトルや扱っている内容の割に淡々とした印象の読後感があるので、Fayさんの 5月15日分日記での感想も理解できます。主人公恭介の心境の変化を描くために香澄の背負った秘密が明かされているわけですが、一方今後のシリーズ展開を考えてかその全てが明らかになっているわけではないので、ちょっと中途半端に終わっている感がある。真犯人の意外性(と思うのは私だけ?)とか見所もあったので、あえて個人的には続編を期待しておきます *1

ところでブギーポップ以外にも同じテーマを扱った話があるように記憶しているのですが、さて何だったかな。思い出せないです。

歯医者にて残った虫歯を治療。思いっきり歯をえぐられたこの間まで治療していた虫歯より、この歯のほうが治療されて痛いというのはどういうこと?と思ったりする。今日は型をとったところで終了。

帰宅後、今日届いたSoftware Design 6月号を読む。特集はPostgreSQL 7.0。ページ数も多くてかなり力の入った内容らしいが、データベースにあまり興味がないので流し読み。また時間のあるときに読みましょう。ほかの記事も結構力が入っているようで、今月はなかなか面白かった。問題はコラムの方。A.C.Kyle氏のコラムは結構好きなんですが、吉田弘一郎氏や岩谷宏氏のコラムって続いていることを思うと人気があるのだろうか。どうもこういう妙なアジ文章を書く人ってあまり好きではないので、どのくらいの人がまじめに読んでいるのかちょっと興味あり。


*1:コールド・ゲヘナも1巻の段階ではあまり評価していなかったのですが、2巻が出てから改めて読み直すと結構面白かったということもあったので、あえて好意的評価をしています。こういう読み方は邪道でしょうか。

%5 まじかる☆アンティーク

Ver1.01への修正版が公開されたので拾ってきて適用してみた。ファイルサイズが小さかったので高をくくっていたのですが、pakファイルをいったん全部調べた後差分をあてているようで、100MBあるpakファイルもあることから結構時間がかかりました。

修正が終了したところで起動してみる。無事起動。なつみちゃんシナリオについて、Web上の攻略サイトでどこが間違っていたか判明したので、昨日のセーブデータから再開。無事にシナリオ突入。最後の選択でちょっと間違えてやり直したものの基本的に一本道なので無事終了。感想としては、よくできた話ではあるけれどやっぱりサイドストーリーだなと思いました。これがスフィーシナリオだったらもう一ひねりしているだろうな、と。そこがちょっと惜しい。あと、エッチは・・・エッチだったなあ(^^;)。

あと、ちょっと疑問点がひとつ。初めてエンディングの歌を聴いたのですが、こうやってAKKOさんの歌声を聞くたびに、「彼女には無理を言ってお願いしているので、もう歌うことはありません」っていうLeaf*さんのコメントは何なんだろうと思う。こうして新作に参加するのならば、Vocal Correction収録のToHeart* PC版関係はAKKOさんでも良かったんじゃないの? *1


*1:別に美崎しのぶさんが悪いというわけではない。結構気に入ってはいるんですが、AKKOさんに慣れていますからね。


以上、10日分です。 (直前の日記

[最新版] [一覧] << == >>

このページはTomsoft Diary System 1.3.2を用いて生成されています。
[TDS]
Copyright(C) 2000
gc@HZ <hyoshida@pluto.dti.ne.jp>

back