全国津々浦々で上映大きな感動!!

  映画「GAMA−月桃の花」紹介

    過去でない「沖縄戦」今、世界に叫ぶ平和のメッセージ!!




上の写真は「月桃の花」のCDの表紙で、海勢頭 豊氏の許可で
ここに使わせていただきました。ご協力に感謝いたします。


 メッセージ
 昭和20年6月18日、沖縄では連日うだるような酷暑が続いていました。
この日、私は、鉄血勤皇隊の一員として戦闘に参加、沖縄戦最後の激戦地摩文仁の自然洞窟
−ガマ−の中にいました。そこに南西諸島守備軍(第32軍)の地下司令部で、死傷者が狭い通
路を埋め尽くし、壕内暑気と悪臭に蒸れ返り、文字どおりの断末魔の様相を呈していました。
陸・海・空からの敵軍の激しい攻撃になす術もなく、あまつさえ、食物や水はおろか医薬品もなく、
逃げ道も閉ざされたまま、ただ死を待つよりありませんでした。
 「GAMA−月桃の花」のモチーフとなった「GAMA(ガマ)」は、この悲惨な沖縄戦を象徴する
鍾乳洞のことです。また 「月桃」は、沖縄に自生する4月から盛夏にかけて白に紅色を帯びた
可憐な花を咲かせる植物です。  ガマは、沖縄戦において、県民の避難壕としての役割を果たす
とともに、米軍の攻撃の標的ともなり、また、日本軍のによる強奪や虐殺といった惨劇の舞台とな
りました。
 この映画は、一人の母親をとおして沖縄戦を見つめ、この悲惨な実相を映画化したばかりでなく、
戦争とは、平和とは、家庭とはといった普遍的なテーマを私たちに投げかけ、深く問いかけています。
 私は、昨年、沖縄戦終結の地、摩文仁の平和祈念公園内に、国籍を問わず敵味方の区別も、軍人、
非軍人の別もなく沖縄戦での戦没者すべての名前を刻んだ記念碑「平和の礎」を建設しました。
 これは、戦争を知らない世代が我が国の人口の半分を超え、戦争の風化が叫ばれる中、沖縄の地
から世界の恒久平和を願う波を全国に発進したいがためです。
 「GAMA−月桃の花」をご覧になる全国の多くの皆様には、映画を通じて沖縄戦実相に触れられ、
改めて戦争に醜さと愚かさ、平和の尊さ、そして家庭愛の深さを考える一つの契機としていただきた
いと思います。
 終わりに、「GAMA−月桃の花」の制作に当てられました関係の皆様の熱意と御苦労に、心から
敬意を表しますとともに、この映画から、世界に訴える心が力強く発進されるよう心から期待申し上げ、
私のメッセージといたします。
        
                          平成8年9月
                                  沖 縄県知事  大 田 昌 秀
                           映画 「GAMA−月桃の花」パンフレットより

  戻る
  Copyright 1995-1998 yuriko mine all rights reserved.