うっちいの音楽箱!特別企画『もっと!MOZART』

幼少時代〜

代表作とお薦めCD


このコーナーでは、モーツァルトの代表作とお薦めCDを各ジャンルごとにご紹介します。

ただし、モーツァルトは生涯に600を超える曲を残しているため、代表作と言っても膨大な数があります。 そして多くの方が録音にチャレンジし、CDも無数にある。。。 ここでは、私の独断と偏見により、それらの中でも特に皆さんに聴いて欲しい曲・CDをピックアップいたしました。

数多くあるモーツァルト関連サイトにご協力をいただいて、いくつかの曲はご試聴いただくことができるようになっています。曲の解説文の後にリンクをはってあります。リンク先のMIDIファイル等のお問い合わせは、各サイトのウェブマスターまでお願いします。また、それぞれのサイトには別個に利用規程が設けられていますので、無断借用等のないよう、ご配慮下さい。

<<このページの見方>>
○曲名(特にお薦めの場合は茶色文字) 調 作品番号
  ・演奏者及び指揮者(CD品番)
※説明文


※モーツァルト初期の作品は下記のみの紹介にとどめます。
※初期の作品をもっとお知りになりたい方は、参考文献をご参照下さい。


【初期鍵盤作品】

○クラヴィアのためのアンダンテ C-dur (1a)他
  ・E.スミス/バートン(フィリップスPHCP3594)
※5歳のモーツァルト初めて作った曲


【オペラ/劇音楽】

○バスティアンとバスティエンヌ K.50(46a)
  ・レパード(ソニークラシカルSC-CSCR8246)
※12歳のときのジングシュピール。1幕ものの単純な小歌劇だが、すでにオペラ作曲家モーツァルトの天才の 片鱗が伺える。


【教会音楽/宗教曲】

○孤児院ミサ c-moll K.139(47a)
※12歳のときの作品。12歳の少年が作った曲だとは到底思えない。 アバド指揮ウィーンフィルのレコードがお薦め。CDではあまり聴いていないので、お薦め版を探せませんでした(^^;)。


青年時代〜時代背景

うっちいの音楽箱
Copyright (C) by Hitoshi Uchida. All rights reserved.