フリーランスSEとして独立開業した経験を通じて、個人事業主として起業するためのノウハウを掲載します。

フリーランスSEをめざして

個人事業主の屋号

個人事業主の屋号

屋号については屋号についてでほんの少しだけ触れていますが、最近筆者は屋号って実は重要なんじゃないの?と考え始めています。

筆者自身は屋号について軽く考えていて、実際に屋号はありませんし、これからもつける予定はないです。

ところが最近、屋号を上手に利用している個人事業主さん(フリーランスの仲間なんですが。。。)が筆者の周辺に現れました。

どういう人かというと、フリーランスを卒業して法人を設立されたフリーランスさんです。
いわゆる、法人成りというやつですね。

屋号を名乗っていると個人事業から法人への移行が、みょ〜にスムーズに行くケースもあるみたいです。元々屋号を名乗っていれば、法人化したとしても、お客様からの呼ばれ方ってそんなに変わらないですよね。

例えば、昨日まで鈴木さんと呼ばれていた個人事業主さんが法人化したとたんに会社名で呼ばれることになるんですから、お取り引きの初めから屋号を用いていれば突然に呼称が変わるってことが無く、無用な混乱を避けることが出来るわけです。

それに、屋号でドメインを取得 しておけば、何かと便利です。
このドメインの取得って重要ですよぉ〜。
ドメインは住所や電話番号のように所在地によって変わることはないですし、今や自社ホームページはビジネスを行う上で必須条件になりつつありますからね。

最近はドメインの取得なんて1000円もあれば出来ちゃいますし、レンタルサーバーだって激安状態ですから、むしろ積極的に屋号をつけて上手に活用した方が良いような気がしてきました。

筆者も幾つかお遊びでドメインを持っていますが、ドメインの取得はリンククラブ のサービスを利用しています。 筆者の知る限り最安ですね。

レンタルサーバーは PHPも使えて、Movable Typeも動作する ロリポップ!レンタルサーバー でお勉強がてら遊ばせてもらってます。ここは安いですねぇ〜。
LHXのレンタルサーバーさくらのレンタルサーバもおすすめですよ。

ドメインって選び始めるとなかなか面白くて、筆者はついつい長居しちゃいますね〜。
あっ!こんなのが空いてる!見たいな感じです。
ドメイン選択のポイントは短いドメインですよ。たぶん。

ちょっと屋号の話から外れちゃいましたが、屋号選定のその他のポイントを徒然とまとめてみました。ご参考になれば幸いです。

★屋号をつけるメリット

  • お金の流れなどに対する公私の区別が明確になる。
  • 自分自身の事業にたいするモチベーションが上がる。
  • 事業に専念しているイメージが強くなり、お客様や社会的に見たときの信用度が上がる(可能性がある)。
  • 名刺の見栄えが良くなり、営業活動にも自信が持てる。

★屋号を考えるときのポイント

  • どんな名称でも自由に決めてOK!
  • 発音しやすく、分りやすい名称がお勧め。例えばサ行が続くと発音しづらいです。
  • ドメイン取得のことを考慮した名称にすること。

屋号の使用について注意が必要なことがあります。
実は、多くの銀行では、屋号での口座開設は出来ないようなんです。(ΩДΩ)
(筆者の知る限り、郵便局は可能なようですが…)

但し、対応は全国の金融機関によってさまざまらしいので、屋号での口座開設を希望する銀行があったら、窓口へ直接出向いたり、電話をかけてみるなどして、確認してみて下さいね。






▲このページのトップへ