ここではWWGP2001応募ドキュメントを更新してます。


タイトル

GPS TOOL for WonderSwan

    直接ダウンロードページへ移動する場合はこちら 


コンセプト

「WonderSwanをアウトドアスポーツに持ち出して、ハンディGPSの外部メモリとする」

ハンディGPSとは、主にアウトドアスポーツで使用される携帯電話程度の大きさのGPSです。 その機能の一つに、自分の移動行程をGPS本体の内部メモリに記録するトラック(Track)があります。 野外行動中に記録したトラック(=トラックログ)を帰宅後にパソコンに転送することで、データを活用、蓄積することが可能です。
GARMIN社のハンディGPSは、本体と通信ケーブル、PC側のインターフェースソフトを用意するだけで、 独自のバイナリ通信プロトコルによりGPS内部にメモリされたデータをPCとやりとりすることができます。

ここで一つ問題があります。
ハンディGPSの内部メモリには当然ながら上限があります。 バイクで行動している場合、およそ半日程(トラックのポイント数では1000個程)でトラックログはいっぱいになります。 1週間の旅行に出かけても、1日の移動分しか記録できないのはやはり不満です。
※これは自分の所有する普及機種(GPS12)でのこと。最近の機種では内部に2000〜3000ポイントまで保存できるようになってきました。
※2003年になって内部に1万ポイントまで保存できる機種も登場、このツールを製作した2000年冬には思いもよらいない進歩。

いっぱいになったトラックログは、GPS本体からダウンロードしないとそれ以上新しいトラックが記録できません。 GPSから内部メモリ内容をダウンロードするには、シリアルポートを装備したPCやPDAが必要なのですが、 重くてデリケートでバッテリーが貧弱なノートPCはアウトドアに不向きです。 PalmなどのPDAでもよさそうですが、本体や開発ツールが高価すぎます。

その点、WonderSwanはこの目的に向いてます。
・旅行中も暇つぶしのために携帯していることが多い。
・何せ本体が安い。山道で落としたり、川に落として壊してもあきらめられそう。
・開発環境(WonderWitch)が安くてシリアル制御が可能だから、自分で必要なS/Wが作れる。
・専用カートリッジのFlashMemory容量に(今のところ)不足なし。
・電池の持ちが抜群にいい。しかも単3だから切れたら買えばいい。

WonderSwanにダウンロードしたトラックログは、SwanのFlashMemoryにログファイルとして圧縮保存します。 そして外出先からの帰宅後に、データをPCで管理するためWonderSwanからPCへアップロードします。
つまり、WonderSwanをハンディGPSの外部メモリとすることが狙いです。

MTBとGARMINその1 MTBとGARMINその2
   MTBツーリングにて。eTrex Ventureをハンドルに装着してルートガイドしながらトラックを記録。
   こんなトラックログを保存するためにWonderSwanを使用する。


使用方法

GPS TOOL for WonderSwan の機能メニュー

※以下は Ver.1.04についてです。
※Ver.2.00以降は各機能を別アプリケーションに分割しています。

menu




GPS TOOL for WonderSwan を使った場合のトラックログの流れ

まずはGARMIN製GPSとWonderSwanを持ってアウトドアへ。

    トレッキングやMTBツーリングでの行程記録にトラックログを開始する。
    数時間経過してGPS内部メモリのトラックログがいっぱいになった頃合に、GPSからWonderSwanへトラックログをダウンロードする。
    GARMIN接続図

    バイクツーリングで使用している例はこちら その1
    バイクツーリングで使用している例はこちら その2


  1. GPSのインターフェースフォーマット設定を"GARMIN"とする
  2. WonderSwanとGPSを通信ケーブル(スワンケーブル+GPS接続用ケーブル)で接続

  3. WonderSwan側のS/W gar2ws を起動して”Track受信”を実行する
     →受信データを/ram0または/rom0 へログファイルとして保存、ファイル名は"TRK000.LOG"の形式で連番が自動的にふられます。
      ただしWonderSwan内に所有者情報が登録されていれば、その先頭3文字からファイル名を作成します。
    ダウンロード完了
     容量の少ない/ram0がいっぱいになった場合は、shell操作によりログファイルを/rom0へ移動しておくのが良。
      移動後にshellからデフラグ(Wせいとん&Pせいとん) を行わないと空き容量が増えないことに注意!

  4. GPSの内部メモリをクリアしてトラックログを再開する

そして自宅に帰ってから。

    WonderSwanに保存したトラックログをPCへアップロードする。
    PC接続図

  1. WonderSwanとPCとを通信ケーブル(スワンケーブル+クロスケーブル)で接続
  2. WonderSwan側のS/W gar2wsu を起動、ファイラー画面からアップするログファイルを選択する
     X2/X4キーでROMエリアとRAMエリアを切り替え、X1/X3キーでファイル選択。
    アップロードファイル選択
    選択後、何かキーを押して”Track送信”を開始する。
    このとき、WonderSwanの画面上には「Negotiating・・・」と表示されてPCからの通信接続を待っています。
    この表示が出ている間に、次の手順3を行ってください。

  3. PC側のインターフェースソフトからトラックログのダウンロードを実行
    (PC側にしてみればGPSからのダウンロードになります)
     WonderSwanがGARMIN製GPSの通信プロトコルをエミュレートすることで、PCにGPSが接続されていると認識されます。
     そうすることで、Swanのカートリッジに保存されてるトラックログを、GPS内部ログとして吸い上げてくれます。
    PCへアップロード
    ※インターフェースソフトとは、GARMIN社製GPSとPCを接続するためのS/WでWindows上で動作する。
     便利で高機能なフリーソフトウェアが多数あり。作者の方々に感謝。



WonderSwanとGPSの接続

GARMIN社のハンディGPSにeTrexという機種があります。このモデルは単3電池2本で 動作し、サイズもWonderSwanの2/3程度です(下の写真)。
SwanもGPSも、ニッケル水素の単3充電池(1.2V)で動作可能なところが長期旅行にはありがたいです。
eTrexとWS geko201とEW-700

左:eTrexとスワンケーブルでの接続
   簡単なんだけどちょっと野暮ったいかも

右:gekoと専用ケーブルEW-700での接続
   こっちの方がすっきり

以下は、WonderWitch(またはプレーヤー)付属のスワンケーブルを利用した場合の接続方法の例です。

まずはGPS側には通信ケーブルを用意する必要があります。多くのGPSに標準で付属しているGARMIN社純正PC接続ケーブルか、その相当品になります。
シェア・ハード・コネクタの配布活動 をされてる方々のおかげで安価な自作も可能です。
・GPS専用プラグ <--> Dsub-9メス

GPS側のシリアル出力はRS232Cレベルなので、WonderSwanとの接続には電気レベル変換が必要。
スワンケーブル(WonderWitch付属品)または相当機能品が必要です。
・Swanコネクタ <---> Dsub-9オス

 GPS→WonderSwanを接続する場合(上の写真)
 WonderSwan: Swanコネクタ <---> Dsub-9オス:Dsub-9メス <---> GPS専用プラグ :GPS   
 ※GPS付属のPC接続ケーブルを使っています。多少かさばるのが難点です。

 WonderSwan→PCを接続する場合
 WonderSwan: Swanコネクタ <---> Dsub-9オス:Dsub-9メス <---> Dsub-9メス :PC   
 ※WonderWitchの転送時と同じです。

WonderWitchの付属スワンケーブルを使用しない場合はケーブルを自作する必要があります。
WonderWitchの付属スワンケーブルを使用しない場合はケーブルを自作するか、あるいは購入する必要があります。
ケーブルの自作方法は関連リンクを参考にしてください。
2002/12/08追記 RIGHT STUFFさんからEW-700という型番で専用ケーブルが販売されています。


動作環境

 以下の器材が必要です。
 "しきい"は高くなりますが、WonderWitchがなくてもなんとかできます。

  2002/04/28追記  「WonderWitchプレーヤー」がキュートから発売されました。
  開発環境は不要だしケーブル自作も遠慮したい、という方にはこちらがお手軽です。
  3、4、6番が8千円程で入手できます。5番はGPSのPC接続ケーブルを使うか、既製品を購入することもできます。
  1. GARMIN独自バイナリ出力が可能なGARMIN社製ハンディGPS(GPS12,eTrex等)

  2. ワンダースワン本体
  3. ワンダーウィッチ専用カートリッジ
    gar2ws本体とログを格納するカートリッジのこと。\4,000程/個。インターネット通販で購入可能。  

  4. ワンダースワンとPCを接続する通信ケーブル
  5. ワンダースワンとGPSを接続する通信ケーブル
    電気レベルの変換が必要なのでここが壁になりそう。
    GPSとPCを接続する通信ケーブルがあるならば、それを活かすのが近道かも。

  6. ワンダースワンとPC間の転送に必要なXMODEMプロトコルをサポートした通信ソフトウェア
    WonderWitch付属のTransMagic以外では、フリーソフトののTeraTermやwwPutなどがあります。


WonderSwanからアップロード可能なPC用のGPSインターフェースソフト

 WonderSwanをGARMIN製GPSと認識させることで、PC側S/WからTrackLogのダウンロードが可能です。
 動作確認しているフリーウェアは以下のものです。
   [2003/04/15]  GARMIN純正ツールであるマップソース(MapSource)ver.4.xxに対応しました。
   確認したのはLegend/Vista日本版に対応しているメトロガイド日本詳細地図のみです。


動作機種

 ワンダースワン
 ワンダースワンカラー
 スワンクリスタル

OS バージョン

 FreyaOS Ver.1.1.0 以降

ダウンロード

 ダウンロードはこちら


関連リンク

  • WonderWitch WonderSwan用プログラミングツールであるワンダーウィッチの紹介ページ。
  • WonderWitchプレーヤー WonderWitchから開発環境を除いたお手軽パッケージの紹介ページ。
  • WonderWitchサポートWebサイト ワンダーウィッチによるソフトウェア開発のサポートサイト。
  • GARMIN 米GARMIN社のホームページ。
  • Garbage in, Garbage out ソフトばかりではなくハードに強し。GPSと電子工作にかけては頼りになるところ。
  • なかざわさんのページ GARMINユーザーにはおなじみのページ。具体的な導入事例が詳しく紹介されてます。
  • カシミール3D すべてのGPSユーザー必携の3D地図ナビゲータ、「カシミール3D」のページ。
  • 山旅倶楽部 アウトドアユーザ向けの地図コンテンツサービスサイト。
  • ワンダースワンでフライト記録 パラグライダーでの使用例を紹介されています。
  • GPSとWonderSwan haruさんのページ。
  • RIGHT STUFF 「WonderWitchプレーヤー」や専用ケーブルを扱うGPS関連ショップさん。シンプルで使いやすいGARATLASもこちらで公開されています。
  • Bite the SAND! ハンディGPSをバイクに搭載した利用法などについて紹介されています。

    参考となる書籍

  • 「カシミール3D入門」 カシミール3Dの基本機能を解説。付属CD-ROMの地図データは本当にお買い得。
  • 「カシミール3D GPS応用編」 カシミール3DのGPS関連機能を中心に解説。ハンディGPSの入門書としても最適。付属CD-ROMはやっぱりお買い得。


    補足

    GPSとのインターフェースについて

    一般的なGPSインターフェースとしては、NMEA(National Marine Electronics Association) という通信規格があります。
    もちろんGARMIN社製GPSもNMEAでの出力が可能ですが、標準的なNMEA規格は4800bpsまでの通信規格であるため WonderSwanとは接続不可です。
    つまりNMEAだけをサポートするGPSではWonderSwanと直接つながりません。 ただ例外として、GPS12は9600bpsでの出力が可能なため使えそうです。
    NMEAがダメでも、GARMIN社独自の通信仕様 GARMIN Communication Protocol Interface Specification ならば、WondewSwanと通信が可能です。
    ※ただしGARMIN社製GPSはRS232Cレベル出力


    return to HOME