Zwiebelkuchen

おかず



ツヴィーベルクーヘン

ツヴィーベルとはドイツ語で玉ねぎのこと。クーヘン(ケーキ)という名前が付いて
いますが、甘くなく、キッシュロレーヌに似ています。
「Federweisse」と呼ばれる今年仕込んだ新しいワインとともに、味わいます。

材料<26cmのケーキ型1台分> 生地の材料 小麦粉 250g 乾燥イースト 4g 砂糖 小さじ1/2杯 塩 小さじ1/2杯 卵 1個 牛乳 60cc バター 50g 中身の材料 油 15g ベーコン 150g 玉ねぎ 700g 卵 3個 ※写真は天板1枚分のレシピで サワークリーム 250g 作ったものです。 塩 小さじ1/2杯 (ドイツオリジナルレシピ参照) パン粉 大さじ1杯

●作り方● 1)まず土台になる生地を作る。分量の小麦粉は二つに分ける。片方には塩、砂糖を 加え、もう片方にはドライイースト、卵を加えてよく混ぜる。 2)牛乳を一肌ほどに温め、バターを加えてよく溶かす。この液を、卵を加えた方の 小麦粉に少しずつ流し込んではよく捏ねる。 3)塩、砂糖を加えた方の小麦粉をのし台の上に蒔き、その上に捏ねた生地を乗せて、 下の小麦粉を折り込むように手でしっかりと捏ねていく。 4)粉気がなくなって滑らかな生地になったら、生地をしばらく寝かす。(室温40℃ で25分ほど) 5)生地をめん棒で伸ばし、バターを塗った天板の上に敷く。 6)生地の上にはまんべんなくパン粉を振っておく。 7)次に中身を作る。玉ねぎを粗みじんに切る。ベーコンも大きめのみじん切りにする。 ベーコンを油でよく炒め、そこに玉ねぎを加える。蓋をして10分ほど炒める。 8)玉ねぎが透き通って火が通ったら、フライパンから空けてそのまま冷まし、粗熱 を取る。 9)冷えた玉ねぎに卵、シュマント、塩を加えてよく混ぜる。 10)天板の生地の上に中身を乗せ、厚みにムラがないように均す。200℃のオーブン で約40分ほど焼き、表面が黄金色に焼き色がついたら出来上がり。 ※玉ねぎはくし型切りのスライスにしてもよい。玉ねぎの切り方によって、見た目 の雰囲気が変るのでお好みで。 ※冷凍保存がきくので作り置きしておける。冷めてもおいしいが、食べる時には 少し温めたほうが、よりおいしい。

ドイツの食材を使ったオリジナルレシピ
材料<天板1枚分>
  生地の材料
    小麦粉                        500g
    Hefe                         1袋
    砂糖                     小さじ1杯
    塩                       小さじ1杯
    卵                            2個
    牛乳                         125cc
    バター                        100g
  中身の材料
    油                            30g
    magerer Speck                250g
    玉ねぎ                      1,500g
    卵                            5個
    Schmand                      500g
    塩                      小さじ1杯
    パン粉                   大さじ2杯






←他のおかず
←メインに戻る


Zukko
mikado@pluto.dti.ne.jp