Wein-Schnaps

ワイン・シュナップス Wein,Schnaps


ワインの生産地

ドイツは白ワインが主流。9月頃になると国内各地でワイン祭りが開かれ、その年
の新作ワイン、その畑のオリジナルワインなどが気軽に楽しめる。
ドイツの主なワイン生産地は以下の11か所で、川沿いに集中している。




1) ラインヘッセン(Rheinhessen) 2) プファルツ(Pfalz) 3) バーデン(Baden) 4) モーゼル・ザー・ルーヴァー (Mosel Saar Ruwer) 5) ヴュルテムベルク (Wuerttemberg) 6) フランケン(Franken) 7) ナーエ(Nahe) 8) ラインガウ(Rheingau) 9) ミッテルライン(Mittelrhein) 10)アー(Ahr) 11)ヘシッシェ・ベルクシュトラーセ (Hessische Bergstrasse) ※クリックすると各地のワイン銘柄が 見られます。
この他の産地としてエルプタル(Elbtal/ドレスデンのエルベ川沿い)、
ザーレ・ウンストルート(Saale Unstrut/ナウムブルクのザーレ川沿い)
がある。


ワインの品質

ドイツワインは製造方法が法令で厳しく定められている。
選りすぐったぶどうを使って作られた上級ワインは、その品質ランクによって格付
けされ、公認検査番号とその肩書きをラベルに記載することが許される。

ターフェルワイン Deutscher Tafelwein

これといって個性のない甘口のテーブルワイン



ラントワイン Deutscher Landwein

産地によってさまざまな個性のある辛口のテーブルワイン。



上級ワイン(QbA) Qualitaetswein bestimmter Anbaugebiet

指定生産地域で十分に熟したぶどうで作られる。
糖分を補うことが認められているので、甘口のものもある。




肩書き付き上級ワイン(QmP) Qualitaetswein mit Praedikat

ドイツの最高級ワインのことで、完熟したぶどうでのみ作られる。
またぶどうの選定・品質から摘みとりまで、厳しい規定があり、これに合格した
もののみが、さらに以下の6つの格付けをされる。(表記は低い順から)

・カビネット(Kabinett)
・シュペートレーゼ(Spaetlese)
・アウスレーゼ(Auslese)
・ベーレンアウスレーゼ(Beerenauslese)
・アイスヴァイン(Eiswein)
・トロッケンベーレンアウスレーゼ(Trockenbeerenauslese)


ワインの味

高級ワインになるほど、オリジナリティのある風味と香りを持っているので、
飲んでいただくのが一番いいのだが、次の二つの表記はおおまかな目安になる。


トロッケンTrocken・・・ドライ(辛口)の意味。
ハルプトロッケンHalbtrocken・・・中辛口の意味。


なお、こう書いてないものはおおかた甘口のものであり、ドイツワインに慣れない
方には、初めて飲んだ1口が甘く感じられることも多いようである。
フルーティでほのかに甘みのあるところがドイツワインのよさでもあるのだが、
食事と一緒に楽しむのであれば、まずは上記のどちらかからお試しになることを
お薦めする。



ラインヘッセン Rheinhessen

カビネット Kabinett

このワインは「ラインヘッセン」地方 の「カビネット」という格付けの 肩書き付き上級ワイン(QmP)。 カビネットの格付けのワインは、 充分に成熟したぶどうから作られる。 軽くてほんのりとした甘みのワイン。



モーゼル・ザー・ルーヴァー
Mosel Saar Ruwer

リースリンク Riesling

シュペートレーゼ
Spaetlese

これは「モーゼル・ザー・ルーヴァー」 地方で、「リースリンク」という白ワイン 用の品種のぶどうを使って作られた 「シュペートレーゼ」という格付けの 肩書き付き上級ワイン(QmP)。 シュペートレーゼとは「遅摘み」の意味で、 完熟しているにもかかわらず、平常の摘み 取り時期よりも、さらに遅い時期に収穫した ぶどうを使って作ること。どのくらい遅い 時期に摘むかも法令で定められている。 香りと味が濃厚な強めのワイン。



プファルツ Pfalz

アウスレーゼ Auslese

このワインは「プファルツ」地方の 「アウスレーゼ」という格付けの 肩書き付き上級ワイン(QmP)。 アウスレーゼとは「房選び」の意味で、 完熟して傷、痛みのない、よいぶどうの房 だけを選んでワインにしたもの。 香りの高い少し甘めのワイン。



フランケン Franken

ジルファーナー Silvaner

カビネット Kabinett

このワインは「フランケン」地方の 「ジルファーナー」という白ワイン 用の品種のぶどうを使って作った 「カビネット」という格付けの 肩書き付き上級ワイン(QmP)。 フランケン地方のワインだけは Bocksdeutel(ボックスボイテル)という 名前の、丸い形のビンに入っている。



ヴュルテムベルク Wuerttemberg

ミュラー トゥルガウ
Mueller Thurgau

このワインは「ヴュルテムベルク」地方の 「ミュラー トゥルガウ」という白ワイン 用の品種のぶどうを使って作った 上級ワイン(QbA)。



香草酒 Kraeuter Likoer

ドイツの食事は1回の分量が多い。 これは日本との食習慣の違いからくるのであるが、 日本人から見ると、一度にこんなにたくさん食べて 大丈夫か?と思ってしまう。(概してドイツ人は 体が大きいからとも言えなくもないが。) ところが、このドイツ人の胃を守る、秘密兵器が ある。 この酒は何種類もの香草・薬草をミックスして 作られており、食後やお酒を飲んだ後に シュナップスグラスでキュッとやると、実に胃が スーッと爽快になる。 これで翌日も快調だ。


←メインに戻る


Zukko
mikado@pluto.dti.ne.jp