Backstreet Boys's History

実に個人的音楽趣味のページ



Backstreet Boys's HISTORY

●結成まで

それは4年前に溯る。 ここはオーランド、フロリダ。 まだハイスクールの生徒だったA.J.Howie D、ジュニアハイスクールに通って いたNickの3人は、とあるオーディション会場で偶然に知り合った。 彼らは当時すでに、それぞれが音楽的に確かな経験を持っていた。コマーシャル、 テレビ、映画で。 彼らが今回の新しいプロジェクトに出演できるのを期待しながら控え室で待っている と、突然ラジオからテンプテーションズのヒットナンバー(もしかすると他の誰かの だったか)が流れてきたのを聞いた。 ア・カペラが彼らを結びつけ、友だち関係を発展させた。 彼らは3人のグループを作った。 その頃、レキシントン(ケンタッキー)にKevinBrianはいた。 彼らはいとこ関係にある。 もともと彼らは音楽ファミリーで、国家や地方の教会コーラスや各地のエンター テインメントシーンで歌うことに熱中していた。家族でのパーティやお祝いがあると、 二人してドゥワップのクラシックヒッツ、彼らに大きな影響を与えたBoyz II Men、 Shai、Jodeciのコンテンポラリーヒッツを歌った。 その後、ティーンエイジャーになって二人は、気付く。 何か始めないといけない。 レキシントンでKevinは決心した。 彼の仕事であったTOP40をカバーする小さなバンドに幻滅を感じていた彼は、 気まぐれからオーランドにやってきた。 1週間後に新しい仕事を持った。それはディズニーワールドのツアーコンダクター であった。 そして残りの自由な時間をプロのシンガー&ソングライターになるために費やした。 そこでKevinは同僚から「一緒に歌えるやつがいる。」と聞かされ、A.J.、Howie D、 Nickの3人に会うことになる。 Kevinは彼らのハーモニーのとれた歌に心が引き付けられ、彼らのダンスレッスンに 感銘を受けた。 A.J.たちは直感的にBoyz II Menのようなグループになれると直感し、チームを 拡大することを決意していた。「チームを組むことがどうしていけない?」Kevinは 一瞬にしてすべてを考えた。そして仲間になった。 4人になったものの、彼らが目指すサウンドを完成させるためにはもう1人必要だっ た。 翌日、KevinはケンタッキーにいるいとこのBrianに電話をした。(その時彼は学校 の授業中だった!)電話でBrianを教室から引っ張りだしたKevinは昨夜出会った 3人のことについて話をした。 なんと次の日、Brianはフロリダ行きの一番速い便で飛んできて、Kevinの元に引っ 越し、彼らを助けた。Brian加入。 5人になった彼ら、A.J.、Howie D、Nick、Kevin、Brianはオーランドにある場所 「Backstreet Market」にちなんで自分たちの名前をつけた。 Backstreet Boys


●Backstreet Boys結成

まず最初は、彼らは有名な曲のカバーをすることで練習した。 彼らには楽器も伴奏も、他のエレクトロニックテクニックの助けも必要なかった。 結局、彼ら独特のサウンドを見つけ出す。 人々は彼らのハーモニーに魔法をかけられたかのように、感動した。 率直で、エネルギッシュ、心を柔らかくする歌とハーモニー。 彼らは確実なレコードデビューに向けてスタートした。 まずはローカルレーベルから始めて、ホテルやシアターのロビーでア・カペラを歌っ た。どこにでも行った。誰のところにでも行った。そして歌った。 その甲斐あって、6か月以内にフロリダでホットなライヴをすることになる。 場所はすべてハイスクールの体育館。 インディーズのシングル「Tell Me That I'm Dreaming」を引っさげて。 この時、今のマネージャーであるDonna Wrightは彼らのことを耳にし、友人である JIVE RECORDSのDavid Mcphersonに電話をかける。 1995年、Backstreet Boys「We've Got It Goin' On」をリリースして、JIVE RECORDSからメジャーデビュー。 この曲がまずはイギリスから活気づき、ヨーロッパの至るところに広まった。 Backstreet BoysブランドはR&B−POPとしての足場をここで築く。 しばらく経って「I'll Never Break Your Heart」がチャートを上昇。この成功が 彼らの土台を築くことになる。 この年、ベスト・ニューツアー・アクトの観点からロンドンの「Smash Hits Award」 を獲得、「I'll Never Break Your Heart」はゴールドシングルとなる。同じ時期 にドイツでもゴールドを獲得、オーストラリアのチャートでも1位に上りつめる。 1996年にはドイツでもインターナショナルグループの人気投票で人気を集め、2月に カナダのモントリオールでジャムに参加。ビデオとラジオに交代での出演する。 Backstreet Boysのショーはすべてソールドアウト、熱狂的なファンでギッシリ・・ この伝説的な話はカナダ、ヨーロッパにもすぐに広まった。 もし、この2曲の成功がなかったら、今の彼らの地位はなかったかもしれないと想像 する。 セルフタイトルのデビューアルバムの発売は1996年4月。 カナダではこのアルバムがプラチナヒット。カナダでの32ステージは20分でソールド アウトだった。 1996年最後のシングル「Quit Playin' Games(with my heart)」は、MTV EUROPA AWARDでもCHOICE AWARDをはじめとする各種のアワードを獲得した。 1997年、Backstreet Boysは年の前半を彼らのホームグラウンドであるオーランド のスタジオで使い果たした。 2曲のヒット「Everybody(Backstreet's Back)」「As Long As You Love Me」を フューチャーしたセカンドアルバム「Backstreet's Back」が完成。 今や世界16か国でアルバムを発売(デビューアルバムで1千万枚)、過去4曲がトップ テン入り。 1997年のMTV EUROPA AWARDでもSELECT AWARDを獲得。 この勢いは止められそうにない。




メンバー紹介

DISCOGRAPHY


←Backstreet Boysメインに戻る


←メインに戻る


Zukko (in Deutschland)
mikado@pluto.dti.ne.jp