Rheinicher Sauerbraten

おかず



ライン風サウアーブラーテン

ライン地方の郷土料理の一つ。ワインビネガーに漬け込んだ牛肉を煮込んで作ります。
甘酸っぱい味が不思議と食欲をそそります。

材料<4人分> 牛ブロック肉 1kg 赤ワインビネガー 250ml 湯 500ml 玉ねぎ 3個 セロリ 1本 にんじん 2本 レモンの皮 1個分 月桂樹の葉 2枚 ピメント 4粒 ネズの実 8粒 粒こしょう 小さじ1杯 塩 適宜 こしょう 適宜 干しぶどう 大さじ2杯 バター 20g 小麦粉 20g 砂糖 大さじ1杯 油 少々

●作り方● <下ごしらえ> まず、肉の漬け汁を作る。赤ワインビネガーに湯、レモンの皮、月桂樹の葉、 ピメント、ネズの実、粒こしょう、刻んだセロリとにんじんを加えて火にかける。 煮立ったらそのまま冷ましておく。 牛ブロック肉に玉ねぎの粗切り(または輪切り)を乗せ、漬け汁を注ぎ、そのまま 冷蔵庫で3日間漬けておく。 1)マリネしておいた牛肉は汁から引き上げ、水気を拭き取っておく。漬け汁は使う ので残しておく。鍋で油を熱し、肉を焼く。表面に焦げ目が付いたらひっくり返し、 表面全体に焼き目を付ける。 2)肉の表面に塩、こしょうを振りかけ、漬け汁に水を加えたものをいくらか注ぐ。 (肉の厚みの半分くらいの高さまで)漬け汁は酸味があるので、水を加えたほうが 酸味が弱まる。水の量は好みで。 3)そのまま2時間ほど弱火で蒸し焼きにする。必ずぴったりとフタをしておくこと。 その間、汁気が少なくなってきたら肉の漬け汁と水を合わせたものを足して、汁気 がなくならないようにする。 4)肉に竹串を刺してみて肉が柔らかく煮上がったら、肉を取り出す。冷めないように アルミホイルなどで覆っておく。 5)鍋に残った汁でソースを作る。まず、別の鍋で小麦粉をバターで炒める。 そこに網で濾した残り汁を少しずつ注ぎながらよくかき混ぜる。砂糖を加え、5分 ほどふつふつと煮る。酸味が強いようだったら残り汁の代りに水を足す。(味を 見ながら自分で調節する) 6)水で洗っておいた干しぶどうを加え、滑らかなソースになるようにかき混ぜながら 火を通す。 7)肉を1cm厚くらいに薄く切り、切った肉をソースの中に浸して軽くからめる。 8)肉を1枚皿に取り、上からソースをかける。アップルコンポートを添えていただく。 ※付け合わせには粉ふき芋、またはKloesse(じゃがいも団子) <アップルコンポートの作り方> 材料 りんご 500g 砂糖 100g シナモンスティック 1本 水(またはリンゴジュース) 125ml レモン汁 少々 ●作り方● 1)りんごは皮を剥き、さいの目切りにし、色が変わらないようにレモン汁を滴らして おく。 2)鍋にりんご、砂糖、水、シナモンスティックを入れて、りんごが柔らかくなるまで 弱火で煮る。

ドイツの食材を使ったオリジナルレシピ
材料<4人分>
Sauerbraten 
  牛ブロック肉(HuefteまたはKeule)   1kg
  Rotweinessig                    250ml
  湯                              500ml
  玉ねぎ                           3個
  Sauerbratengewuerz              1袋
  塩                              適宜
  こしょう                         適宜
  干しぶどう                  大さじ2杯
  Sauerbraten-Sosse               2袋
  Ruebenkraut(Zuckerrueben Sirup)
                            大さじ2杯
  油                              少々

Apfelkompott
  りんご(Boskop)                  500g
  砂糖                            100g
  シナモンスティック                1本
  水(またはリンゴジュース)          125ml
  レモン汁                         少々






←他のおかず
←メインに戻る


Zukko
mikado@pluto.dti.ne.jp