Bier

ビール Bier



一口にビールといっても、ドイツには製造方法よってさまざまな種類がある。
ただし、16世紀に定められた「ビール純粋法」によって、「ビールには麦芽・
ホップ・ビール酵母・水以外のものを使用してはならない」とされており、
今でもその法令は固く守られて製造されている。
また、ビールによって注がれるグラスの形がすべて決まっているのもビール王国
ドイツならでは。
このページでは主なドイツビールをご紹介。

それから、こよなくビールを愛するドイツ人だが、ドイツでは人前で"酔っ払う"
ということは実に恥ずかしいことであり、ほろ酔い気分でチドリ足、または
前後不覚になるまで飲む、ということはまずないので、ドイツでビールを召し
上がる際はくれぐれもご注意を。


アルトビアー Altbier

デュッセルドルフの地ビール。 上面発酵のビールで、赤褐色をしている。 しかし、黒ビールのように真黒ではない。 始めはおや、と思うくせのある味だが、苦みの 中にわずかな甘みが感じられ、飲み慣れると マジでくせになるうまさである。 ストンとしたまっすぐなグラスで飲む。 主な銘柄・・・Schloesser Alt, Diebels Alt, Uerige, Flankenheimer Alt, Gatzweilers Alt, Schumacher Alt, Fuechschen, Monheimer, Hannen Alt,



ケルシュ Koelsch

ケルンの地ビール。 上面発酵のビールで、他のビールに比べて、 さらっとした飲みごごち。 色も透き通った明るい黄金色。 すらっとした細いグラスに注ぐ。 主な銘柄・・・Frueh, Sion, Dom, Kueppers, Peters,



ヴァイツェンビアー Weizenbier

圧倒的にバイエルン地方で飲まれているビール。 ヴァイツェン(Weizen)とは小麦のことで、小麦を上面 発酵させたビール。 澱があり濁っている。 酵母の香りが強いので、味がエビオス錠に似ていると、 一部の知り合いからの評があるのも、さすがは小麦の 酵母が生きているからか。 これに慣れてくると、透明なビールではちょっと物足り なく感じてくるのが不思議である。 ビールグラスは他のビールに比べて大きく、 上に向かって広がっている形。 主な銘柄・・・Paulaner, Loewenbraeu, Franziskaner, Erdinger,



ピルス Pils

もともとはチェコのピルゼンビアーのことだが、ドイツでもこの種類のビールは 生産されており、今や一番好んで飲まれるビールとなった。 ドイツ国内どこの地域に行っても、必ず飲むことができるほど一般的。 下面発酵のビールで透明な琥珀色をしている。 ビールグラスはワイングラスのように細い足のあるグラスで、お腹の部分が ふっくらとしていて、口に向かって細くなっている形。 主な銘柄・・・Koenig-Pilsener, Bitburger, Warsteiner, Krombacher, DAB, Jever, Veltins, Beck's,



エクスポート Export

ピルスと同じ下面醗酵のクリアなビールで、ドイツ各地で飲める。 味はとてもマイルド。



ミュンヘナー Muenchener

ミュンヘンのビール。透明で、味はエクスポートに似ている。 すっきりとした飲み心地で、すっと入るタイプのビール。 オクトーバーフェスト(詳しくはここをクリック)で、人がみな大ジョッキで 飲んでいるのがこれ。 主な銘柄・・・Spaten, Loewenbraeu, Hofbraeuhaus, Augustiner, Hacker,



ボックビアー Bockbier

ビールは通常アルコール度が約4.5〜4,8%(ヴァイツェンビアーは5.3%前後) だが、ボックビアーはさらに高く5.6%。 キツめのビールだが、軽い甘みをもったビール。



ベルリナーヴァイセ Berliner Weisse

このビールをそのままストレートで飲むことは少なく、ラズベリージュース (Bimbeer)、またはクルマバソウジュース(Waldmeister)で割って飲む。 色はラズベリーなら赤、クルマバソウならグリーン。 甘くて口当たりのよいビールカクテルといったところ。



ラトラー Radler

ミュンヘナーのような透明なビールとレモネードを半分ずつで割ったもの。 さわやかなレモンの酸味と軽い甘みが喉に心地よく、夏にピッタリのビール。 初夏になると、ドイツの店頭にもこれがたくさん並んで売られるようになる。 アルコールに弱い人でもこれならOK。またスポーツの後にもおすすめ。



ラオホビアー Rauchbier

バイエルン州バンベルク独特のビール。 麦芽を燻してから製造するので「燻製ビール」という意味。 残念ながら私はまだ飲んだことがないので、味についてはなんとも言えない。 もし、バンベルクにお越しの際は是非飲んでみていただきたい。


←メインに戻る


Zukko
mikado@pluto.dti.ne.jp