■妖精 ■妖精物語 ■神話・民話 ■読みもの ■アーサー王関連 ■イラスト ■歴史 ■資料 
 ■雑誌等 ■洋書 ■登録本一覧 ■未読本 ■投稿用紙
 資料 
Tue, Aug 31, 2004
1
タイトル 共訳者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
妖精事典
井村君江、他
富山房
1992年9月
6800円
4-572-00093-X
英語には英語辞典 妖精には妖精辞典です。妖精の事を勉強したい人はぜひ手に入れておきましょう。
付録も充実しており これ以上ものはないでしょう。さぁー おこずかいを貯めて本屋さんに買いに行こー。
たまに図書館にも 置いてありますので 参考にしてください。
2 お気に入りの一冊 NKJさん斎藤可奈恵さん
タイトル 監修/絵 出版社 発行日 定価 ISBNコード
妖精キャラクター辞典
井村君江/中山星香
新書館
1988年1月15日
1010円
4-403-22031-2
妖精、精霊、魔物、伝説の人物等のことを名前を上げて、簡潔に紹介しています。
絵柄が少女漫画なので男が買うのは少し恥ずかしいかも・・・(文:NKJさん)
3 お気に入りの一冊 宮里文崇さん
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
RPG幻想事典
早川浩
ソフトバンク
1986年12月15日
1500円
4-930795-56-7
本来はRPGゲーマーのための資料なのですが,モンスターや妖精,神話についてある程度細かに書かれています。
なぜかソフトバンク(http://www.softbank.co.jp/)から出版されている本で,ずいぶん古いのでもはや絶版のようです。(文:宮里文崇さん)
4 お気に入りの一冊 宮里文崇さん
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
幻獣ドラゴン 苑崎透 新紀元社 1990年 1748円 4-915146-28-6
古今東西を問わず,ドラゴンについて書かれています。
これ確かシリーズになっていて,多分妖精のものもあったんじゃないかと。 
私が見かけたのは侍や忍者についてのものだったなぁ... (^^; (文:宮里文崇さん)
5
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ファンタジーの系譜
杉山洋子
中教出版
1979年6月10日
2000円
−−−−−
神話、伝説、童話などについてかかれた本。紹介されている数はかなりになります。
ちょと、難しめかも。けど、これ一冊でかなりの勉強になります。古いのが残念です。
再編集版なんか出ると、うれしいですね。
6
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ファンタジーの大学
井村君江 他
株式会社DHC
1995年5月1日
1500円
4-88724-044-9
大学と言っても、気軽に読めます。いろいろな人のファンタジー論、いろいろなお話の説明が、とても分かりやすく書いてあります。注釈もしっかりしているので、安心です。
もちろん妖精の事も載ってますし、マザーグースもあって読みたい本が多すぎて困ってしまいます。
「赤毛のアン」もいいし、宮沢賢治もいいです。(ピーターパンにアリスも!)週末は図書館へLet's Go!
7
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ファンタジー文学の世界へ
工藤左千夫
成分社
1992年10月15日
1600円
4-915730-02-5
副題は「主観の哲学のために」。うーん、この方面の勉強をしている人には最適な一冊です。
私には、合わないみたい。まだまだ勉強が足らないかな?ファンタジーは定義できないと思いますしね。
8
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
アングロ・アイリッシュ
勝田考興
英語英文学講座刊行会
1933年12月1日
?
−−−−−
すごく古い本ですが、「英語英文学講座 第七回配本」と書いてあります。内容は、アイルランド語と英語との関わり、訳しかた、語句の説明です。古いので当然「アイルランド」ではなく「愛蘭」になってます。
面白い事にちゃんと、妖精の事も載ってます。さすがアイルランド。でも妖精の説明はほとんどが「〜 らしい」で終わるので、この時代ではまだ妖精学が確立されてないんでしょう。冒頭にW.B.イエイツの事が書いてあってびっくり!!アイリッシュ文学を専攻されてる人には、良い参考書になるのでは。
(ちょっと、古すぎるかな?)
9
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ゲール語四週間
三橋敦子
大学書林
1983年3月15日
4700円
−−−−−
妖精と言えばアイルランド、アイルランドと言えばゲール語です。この本では何と、四週間でゲール語を習得してしまう画期的なものです。第一週一日目の発音から始まり、第四週目は文例を用いたカリキュラムは、とても私には無理。英語もろくに分からないのですから。最後のページには、ゲール語動詞活用一覧表や単語表も載っているので参考にしてね。あなたも四週間後には、りっぱなアイルランド人!?。
10
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
英吉利文学と詩的想像
尾島庄太郎
北星堂書店
1953年11月25日
700円
−−−−−
序文での「ケルト民族とその文化の概観」でも分かるように、ほとんどケルト文学の内容の本。
中でも第三編「ウェールズのケルト文学」ではアーサー王伝説、聖杯伝説を始め、もうアーサー王ばかりです。
古すぎて読むのに一苦労です。古い漢字、言い回しは難しいです。でも内容はすごく良いです。
語源、索引など充実してますし、新しく出るのを期待したいです。ほんと。
11
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ケルト美術への招待
鶴岡真弓
筑摩書房
1995年6月20日
680円
4-480-05636-X
ケルト芸術にお強い鶴岡真弓女史の本。さすが文化が優れていると、当然美術も優れてますよね。
この本を読むと美術だけではなく、歴史も勉強になりますのでお得です。写真も豊富に使われてます。
最後の美術史年表は、分かりやすく役に立ちます。
12
タイトル 訳者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ケルトの神話
市川裕見子
丸善株式会社
1997年5月30日
1700円
4-621-06062-7
M.J.グリーン著書「Celtic Myths」の訳本です。以前紹介した井村君江著「ケルトの神話」とは
同じ題名ですが関係ありません。この本はどちらかと言うとケルトの歴史を中心に書かれてます。
しかし、他の歴史関連本よりは、神話中心です。
本文の構成がきちんとされており、とても読みやすいですよ。巻末には関係固有名詞、用語表も載ってます。
13 お気に入りの一冊 作田真介さん
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
龍の起源
荒川 紘
紀伊国屋書店
1996年6月5日
2474円
4-314-00726-5
古今東西の龍の起源について比較した本です。主に考古学や神話学的な観点から論証されており、なかなか説得力のある説が提示されています。また、巻末に登場している龍と、文献の索引がついており、自分で研究するよい足がかりとなる書です。(文:作田真介さん)
14 お気に入りの一冊 夏崎はるかさん
タイトル 出版社 発行日 定価 ISBNコード
「イギリス・アイルランド・フランス」
不明
不明
不明
−−−−−
実際に旅行で役に立った本としては、JTBのmy PASSPORT 1「イギリス・アイルランド・フランス」です。特集がケルトの旅なので、一見の価値はあります。(文:夏崎はるかさん)
15 お気に入りの一冊 夏崎はるかさん
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
「アイルランド文学はどこからきたか」
三橋 敦子
誠文堂新光社
1985年
?円
−−−−−
副題は−英雄、聖者、学僧の時代−残念ながら、時間がなくて読めなかったので内容はわかりません。
出版社にも、在庫がないとの事なので、古本屋等で探すしかなさそうです。
(一度読んでみたいと思い、探しているのですが、まだ見つかっていません)(文:夏崎はるかさん)
著者の三橋 敦子さんは沢山のゲール語関係の本を出しています。
でもこの本読みたいな^^。みんなで探しましょう。(本の検索じゃ出ませんでした^^;;;)
16 お気に入りの一冊 木精さん
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
Truth In Fantasy?T
幻想世界の住人たち
健部伸明と怪兵隊
新紀元社
1988年10月8日
1806円
4-915146-85-5
世界中のいろいろな幻獣や妖精についての説明が乗っています。説明がそこそこ詳しい分あまり多くの種類については書いてありませんが・・・
それぞれについて起源や分類についても書いてありますので結構勉強になりますよ。(文:木精さん)
17 お気に入りの一冊 木精さん
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
幻想動物辞典 草野 巧 新紀元社 1998年11月15日 2500円 4-88317-283-X
世界中の妖怪、妖精、幻獣、神などが1002点も集めれら、全てについて簡単な説明と絵が乗っています。
(文:木精さん)
18 お気に入りの一冊 ニキさん
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
神話世界の旅人たち
(ケルト・北欧編)
健部伸明
JICC出版局
1991年8月15日
1650円
4-7966-0170-8
ゲームやRPGなどから神話の世界へ入る人たちのためのガイドのような本。どちらかというと軽い印象を受ける本だけど、作者さんは文章力は意外にあるヒト。RPGとかをやらないようなヒトでも古本屋さんで見かけたら手にとって見る価値は十分にあり。値段の割にヴォリュームはちょっと少な目かな?でもケルトや北欧の世界に初めてふれるヒトなんかにはかなりおすすめです。(文:ニキさん)
19
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
Fairy Note
山口美由紀
白泉社
1999年6月30日
1350円
4-592-73164-6
副題は「イラスト妖精辞典」です。
ケルトに限らず グリム・ギリシャなどたくさんの妖精たちが かわいいイラストで紹介されてます。
紹介文も面白くて 初心者にはぴったりです。あとがきは大爆笑だー。【イラストでも紹介しています】
20 お気に入りの一冊 木精さん
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
妖精
草野 巧
新紀元社
1996年12月26日
1800円
4-88317-345-3
有名なエルフやドワーフからマイナーなボゲードン、ボローワーズなど\r\n多様な妖精について民話を交えていろいろ書いてあります。参考文献も充実しています。(文:木精さん)
21お気に入りの一冊 ひしょうさん
タイトル
著者
出版社
発行日
定価
ISBNコード
妖精辞典-異世界からの来訪者
篠崎砂美
(株)ソニー・マガジンズ
2000年7月10日 1980円 4-7897-1586-8
神話伝説に出てくる妖精やモンスター、登場するゲームやマンガ等も紹介されてある本です。妖精名・和名・別名・類型・由来・容姿・性格・生態・能力・解説・考察・日本でのイメージ・参考資料に分けていくつかの妖精等を紹介してあります。種類は少ないですが、内容は濃いものです。イラストレーターも豊富で、出渕裕さんや、末弥純さんなど11人の方が絵を描いておられます。残念ながらカラーではありません。