■妖精 ■妖精物語 ■神話・民話 ■読みもの ■アーサー王関連 ■イラスト ■歴史 ■資料 
 ■雑誌等 ■洋書 ■登録本一覧 ■未読本 ■投稿用紙
 雑誌・ムック... 
Tue, Aug 31, 2004
1
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ユリイカ 8月号
井村 君江、手塚治虫他
青土社
1979年8月1日
780円
−−−−−
古い本ですれど、妖精物語の特集号です。今読んでも参考になります。
今は亡き、手塚治虫先生のページもあります。
古本屋で手に入るかも。もちろん780円じゃ買えません。
2
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
幻想文学 第2号
井村 君江他
幻想文学会出版局
1982年11月25日
980円
−−−−−
これまた古いです。特集はケルト幻想。松村みね子先生の記事もあります。
井村君江先生の写真が若いです。インタビューもあり内容が濃いです。
たまに図書館においてあることも。古本屋にもあります。やっぱり定価じゃ買えません。
3
タイトル 編者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
児童文学世界 第2号
イギリス児童文学会
中教出版
1979年6月10日
1400円
−−−−−
これまたまた古いです。「指輪物語」の著者J.R.R.トールキンの特集です。多彩な人たちが、
トールキンや「指輪物語」について書いてます。トールキン年表、参考文献集もありますので、
トールキンファンは、勉強になりますよ。「ホビットの冒険」についても、もちろんあります。
私はこの本を500円で手に入れました。古本屋を探しましょう。
4
タイトル 編者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
児童文学世界 第3号
イギリス児童文学会
中教出版
1980年6月20日
1400円
−−−−−
うーん古本ばっかりで、ごめんなさい。しかし特集は「フェアリー・テイルズ世界」です。井村君江女史
を始め豪華メンバーで編集されてます。矢川澄子女史のインタビューものってます。
ちなみにもう一つの特集は、L.I.ワイルダーです。こっちもいいです。これも500円で売ってました。
5
タイトル 出版社 発行日 定価 ISBNコード
月刊MOE 6月号
白泉社
1997年6月1日
760円
−−−−−−−
特集「きたのじゅんこ アイルランド紀行」です。イラストは、さすがです。
悲しい伝説「リールの子供たち」、古代遺跡等内容も豊富です。
ケルト入門書といった感じもします。
ちなみに、大特集「ディック・ブルーナの世界」もいいです。ミッフィーは、妖精に近い存在かも。
6
タイトル 出版社 発行日 定価 ISBNコード
英語青年
研究社
1988年12月1日
650円
−−−−−
特集のひとつに「世界の中のAnglo-Irish−文学」が、あります。著者は鈴木弘氏。
アングロ・アイリッシュ文学の説明、英文学との比較等、古い本ですが今読んでも
勉強になります。アングロ・アイリッシュ派は必読かな?。
7
タイトル 監修・文 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ピーター・パンと妖精の国
井村君江
求龍堂
1990年11月14日
2900円
4-7630-9017-8
前半はピーター・パンについて、豊富な写真、イラストを交えたお話でケンジントン公園や作者の
J.M.バリなどについて紹介もされていて、まさにピーター・パンずくめ。
旅行の参考にもなります。後半は妖精郷紀行と題していろいろな人の文、物語、妖精ゆかりの場所
などが紹介されていて、これまた妖精ずくめ。後半のトラベルガイドは役に立つんではないでしょうか?
とにかく写真が多いので、嬉しくなってしまいます。妖精に関する本の紹介も充実してます。
8
タイトル 出版社 発行日 定価 ISBNコード
月刊 MOE 3月号
白泉社
1996年3月1日
720円
−−−−−−
特集は「ようこそ 妖精たちの国へ」です。どっかで聞いた事のあるタイトルですねー。
サブタイトルの「彼らのことをもっとよく知るために」の通り、妖精に関する情報がいっぱい。
雑誌の特集と言ってあなどれないです。妖精に関する本(特にイラスト)の紹介も充実してます。
「美術館のある旅」ではなんと福島県金山町の妖精美術館の特集。まさに妖精だらけです。
妖精美術館について知りたい方は、金山町のホームページ、その名も「FAIRY TOWN」にLet's Go!
やさしい妖精たちが、お待ちしています。
9
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
幻想文学 34号
井村君江 他
幻想文学出版局
1992年4月15日
1500円
−−−−−−
特集は「ケルト幻想文学誌(妖精の幸ふ古代へ)」です。先に紹介した 幻想文学 2号より10年後の 特集。
前回の井村先生のインタビューと 読み比べも 楽しいです。今回の 「ケルト幻想作家名簿」は ためになりますよ。あと 「ケルト幻想詩抄」 なんてもの いいです。
10 お気に入りの一冊 あっとさん
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ユリイカ3月号
鶴岡真弓 他
青土社
1991年3月1日
980円
−−−−−−
特集は「ケルト 源流のヨーロッパ」です。エンヤのインタヴューなんかもあります。(文:あっとさん)
11
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
NHK人間大学
鶴岡真弓
日本放送出版協会
1998年4月1日
530円
4-14-189001-4
今更紹介もなんですが 「NHK人間大学〜装飾美術・奇想のヨーロッパをゆく〜」のテキストです。
放送を見逃した人はせめて本で勉強しましょう。^^;;
ちなみに最終放送日は1998年6月29日(再)PM3:00-PM3:30です。
12 お気に入りの一冊 夏崎はるかさん
タイトル 出版社 発行日 定価 ISBNコード
月刊MOE 5月号
白泉社
1997年5月1日
760円
−−−−−
井村君江先生の「妖精大百科」の特集。(文参照:夏崎はるかさん)
13 お気に入りの一冊 夏崎はるかさん
タイトル 出版社 発行日 定価 ISBNコード
月刊MOE4月号
白泉社
1998年4月1日
760円
−−−−−
ダヤンの英国・アイルランド紀行が載っています。ダヤンの方は、「ダヤンのスケッチ紀行 英国とアイルランドの田舎へいこう」(MPC)のCMを兼ねていて、ほんの数ページしかありませんが、この本も読んでいて楽しかったです。
(文:夏崎はるかさん)
14 お気に入りの一冊 夏崎はるかさん
タイトル 出版社 発行日 定価 雑誌コード
STUDIO VOICE '95.12月号
INFAS
19995年
600円
15437-12
特集「ケルト」螺旋のコスモロジー。
文学あり、神話あり、映画・音楽ありで、鶴岡真弓・井村君江両女史も文章を書かれています。
ケルト関連書籍ガイド付き(20冊ほど)これは、私もケルト好きの友人から教わりました。
広く浅くですが、かなりコンパクトに纏めています。(文:夏崎はるかさん)
15
タイトル 出版社 発行日 定価 雑誌コード
芸術新潮7月号
新潮社
1998年7月1日
1300円
033005-07
大特集は「ケルトに会いたい!魂の国 アイルランド旅行」です。本の約半分がケルトに関する内容でさすが大特集です。写真あり、鶴岡先生のFAQありと これ一冊で歴史、芸術なども勉強できます。
妖精に関する記事は民話などを引用して、少しだけど載ってます。どちらかと言うと、ケルト文化について詳しく書かれてます。旅行の案内としても 十分役に立ちますよ。
16
タイトル 出版社 発行日 定価 雑誌コード
月刊MOE9月号
白泉社
1998年9月1日
760円
18787-9
海外取材特集として「ケルトの国の現在と過去」です。
松島まり乃さんの文と写真で綴るケルトの入門書を思わせる内容です。
音楽やアートなど他の本では語られてない記事もあり、いいですよ。
ちなみに大特集は大好きな「ピングー」^^。今回は「ピングー」の勝ち
17
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
妖精の秘密
ふくやまけいこ
大都社
1997年10月2日
900円
4-88653-433-3
ふくやま先生のファンタジー傑作選だ〜。タイトルがすごいぞ。
「妖精の秘密」って言っても妖精の秘密を暴くお話じゃないよ。他の作品もいいよ。
18
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 雑誌コード
ユリイカ12月号
矢川澄子、他
青土社
1978年12月号
7801円
68931-01
特集は「不思議な国のアリス」のルイス・キャロル。特集だけあって内容もアリスです。^^;;
高橋康也、矢川澄子、別役実の対談は今読んでも面白いです。
これであなたも、ルイス通の仲間入り〜^^。
19 お気に入りの一冊:ブレスさん
タイトル 出版社 発行日 定価 雑誌コード
STUDIO VOICE
INFAS
1997年11月?
680円
15437-8?
スタジオボイスのケルト特集は結構よかったですよ。元々ケルト本でもなく月刊誌なので見逃している人もいるかも
他のケルト本は皆さん結構探し当てていると思うので、この特集を推薦してみました。バックナンバー又は古本屋で探して下さい。入門書としてみてみるのもいいかも、ケルト関連の文化・音楽もちろん妖精など幅広く紹介されてます。(文:ブレスさん)
20 お気に入りの一冊:ししんさん
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
季刊「怪」第6号
水木しげる他
角川書店
1999.9
1300円
4-04-883591-2
日本で唯一の妖怪季刊マガジン。執筆者も豪華です。この第6号では、妖精の第一人者井村君江氏とフェアリー協会名誉顧問の水木しげる氏との対談記事と、井村氏による、「妖精の変遷」という特集記事が載せられています。井村氏が対談で話されてましたが、「妖精学大全」という本を2000年発行めざし執筆中とのことで、今から楽しみです。