■妖精 ■妖精物語 ■神話・民話 ■読みもの ■アーサー王関連 ■イラスト ■歴史 ■資料 
 ■雑誌等 ■洋書 ■登録本一覧 ■未読本 ■投稿用紙
 歴史 
Tue, Aug 31, 2004
1
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ケルト神話と中世騎士物語
田中仁彦
中公新書
1996年6月30日
740円
4-12-101254-2
前半はケルトについて、とりわけ第一部「ケルト人と他界」は物語、文献などとをもちいた説明で
とても勉強になります。(もちろん第二部も)
後半(第三部)は、アーサー王伝説中心のお話。文献がいっぱいでてきて、これまた勉強になります。
2
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ケルトの島・アイルランド
堀 淳一
筑摩書房
1992年9月24日
600円
4-480-02646-0
堀 淳一氏によるアイルランドの案内。一般の旅行雑誌ではなかなか紹介されない所まで
著者直筆の地図などを交えて紹介してます。いやーほんとに行きたくなってしまいます。
行く人はぜひ読んでください。ためになる事、間違いありません。歴史も分かるよ。
3
タイトル 監修 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ケルト人
鶴岡真弓
創元社
1994年3月10日
1400円
4-422-21085-8
クリスチア・エリュエール著「L'Europe des Celtes」の日本語版。
豊富な写真、資料を基にケルト人の謎、歴史の説明はとても分かりやすく、ケルト入門には最適な一冊ではないでしょうか。それにしてもケルトは奥が深いですね。ますますケルトにはまってしまいました。
もう抜け出せないでしょう。
4
タイトル 訳者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ケルト
森野聡子
創元社
1993年3月1日
3000円
4-422-23005-0
フランク・ディレイニー著「TheCELTS」の日本語版。副題は「生きている神話」です。
先に紹介した「ケルト人」を読んで、ケルトの事をもっと知りたい人にお勧めな一冊。
もう一歩踏み込んだ説明で、とても勉強になります。ケルト三大悲話も載ってます。
最後の「ケルト年表」、「参考図書」は参考になりますよ。
5
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
幻のケルト人
柳宗玄・遠藤紀勝
社会思想社
1994年5月15日
5800円
4-390-60370-1
副題は「ヨーロッパ先住民族の神秘と謎」です。内容的には先に紹介した「ケルト人」と似てます。
値段が5800円は、ちょっと高いです。お金に余裕のある方は、こちらも読んでください。
しかし「開かれた曲線の謎(ケルト美術の軌跡)」は、写真もたくさん載っていて奇麗です。
うーん、くどいようだけど値段がね。あっ、図書館にあるかもしれないので、探してみましょう。
6
タイトル 編者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ケルト
中央大学人文科学研究所
中央大学出版部
1991年3月30日
4120円
4-8057-5305-6
副題は「伝統と民族の想像力」です。ケルトを勉強するにあたり究極の一冊といってもよいでしょう。
いろいろな分野(宗教、文学、芸術等)からみた内容は、すごいです。さすが大学だけあって、注釈も充実。
音の風景(アイルランド音楽)、アイルランド語の章は、他の書籍にはなかなか取り上げられてないので、
とても勉強になります。ケルトを極めたい人は読んでおきましょう。「ケルト研究文献一覧」は参考になります。
大学卒論でケルト関係を考えている人には、最高の参考書となるんでは。
7
タイトル 訳者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ケルト人の世界
笹田公明
東京書籍
1990年7月11日
2500円
4-487-76089-5
T.G.E.パウエル著「The Celts」の日本語版。ケルト人の生活を始め、宗教、軌跡など
4章で構成されてます。比較的やさしいので、ケルト入門のも最適です。
使われている写真等の補遺説明や索引も充実しています。
8
タイトル 訳者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ケルト人
関 楠生
河出書房新社
1979年9月20日
2500円
4-309-22340-0
「ケルト人」と言っても、先に紹介した「ケルト人」とは別物です。
ドイツのゲルハルト・ヘルム著「Die Kelten」の日本語版です。
各章の始まりには年表の載ってますし時代を追っての説明は、なかなか分かりやすくなってます。
もちろん地図も載ってます。歴史を勉強なさってる人に、いいのでは。
索引が無いのは、残念です。
9 お気に入りの一冊 夏崎はるかさん  
タイトル 出版社 発行日 定価 ISBNコード
アイルランド歴史紀行
ちくま文芸文庫
1995年7月6日
951円
------
愛蘭土紀行1.2(街道をゆく30.31)と共に、アイルランドへ旅行する人には、必ず読んでいってもらいたい本です。一番現地で実感したのは、標識でした。
あと、おおざっぱでありますが、有名な円塔、ケルト十字架や石碑の地図。
(文:夏崎はるかさん) 
【読み物】でも紹介してます
10
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
騎士と妖精
中木康夫
音楽乃友社
1984年3月10日
980円
4-276-37030-2
副題「ブルターニュにケルト文明を訪ねて」とあるように今までとは違った視点の本。
これを読めばケルトの真相が明らかに^^。他の本との比較も面白いです。
11
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ケルトの歴史
鶴岡真弓・松村一男
河出書房新社
1999年8月13日
1800円
4-309-72614-3
ケルト文化・美術・神話などからケルトの歴史が詳しく分かります。
写真や図なども多くケルト入門には最適の一冊です。最初のケルト年表はいいよ。解説も分かりやすいです。
12
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
松本清張のケルト紀行
松本清張
NHK出版
2000年3月30日
1800円
4-14-080501-3
う〜ん こんな本もあるんですね^^。副題は「フォト・ドキュメント 歴史の旅人」
写真も多いのですが(半分は写真)ほとんど本人が写ってます(笑)....まぁしょうがないか。
後半の日記は なるほどです。清張ファンにはたまらない一冊でしょう。