■妖精 ■妖精物語 ■神話・民話 ■読みもの ■アーサー王関連 ■イラスト ■歴史 ■資料 
 ■雑誌等 ■洋書 ■登録本一覧 ■未読本 ■投稿用紙
 神話・民話 
Tue, Aug 31, 2004
1
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ケルトの神話
井村 君江
筑摩書房
1990年3月27日
450円
4-480-02392-5
ケルト神話の入門書。これ以上の本はないと思います。
はっきりいって、450円でこれまたお買い得!!一家に一冊常備してください。  
私はこの本でこの世界に入りました。
2
タイトル 訳者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ケルトの薄明
井村君江
筑摩書房
1993年12月6日
480円
4-480-02833-1
W.B.イエイツ氏の著書「The Celtic Twilight-Myth,Fantasy and Folklore 1893」の全訳。
伝説、民話だけではなく、イエイツ自身の感想、考えも書き加えられているので読み応えあり。
四十編のってます。イエイツ入門書といえる本です。安いしね。
3
タイトル 訳者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ケルト妖精物語
井村君江
筑摩書房
1986年4月24日
620円
4-480-02049-7
W.B.イエイツ氏の著書「アイルランド各地方の妖精譚 と民話」(Fairyland FolkTales of the Irish Peasantry 1888)と「アイルランドの妖精譚 」(IrishFairyTales1892)を全編収録した「ケルト幻想物語集」三巻(原題「アイルランドの妖精譚 と民話」 月刊ペン社)の中から妖精に関する話だけを集めた本。群れをなす妖精たち、取り替え子、ひとり暮らしの妖精たちなどについての物語、民話がたくさん載ってます。「アイルランドの妖精の分類」も文庫版には入ってます。詩もあるよ。
4
タイトル 訳者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ケルト幻想物語
井村君江
筑摩書房
1987年8月25日
800円
4-480-02154-X
W.B.イエイツ氏の著書「アイルランド各地方の妖精譚 と民話(Fairyland FolkTales of the Irish Peasantry 1888)と「アイルランドの妖精譚 」(IrishFairyTales1892)を全編収録した「ケルト幻想物語集」三巻(原題「アイルランドの妖精譚 と民話」 月刊ペン社)の中から妖精に関する話以外が 収められてます。(妖精に関するお話は 先に紹介した「ケルト妖精物語」を見てね)妖精の話を除いたとはいえ 魔女から始まり若常の国、巨人などたくさんあり 読み応えあり!^^各項目の最初にはそれぞれの説明もありますので 分かりやすくなってます。
5
タイトル 訳者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ケルト妖精民話集
小辻梅子
社会思想社
1992年6月30日
600円
4-390-11434-4
J.ジェイコブス著の「ケルト妖精物語」と「続ケルト妖精物語」から十六編訳出されたもの。
五章に分かれた物語は、冒険あり悲しみありと、なかなか読み応えあります。
代表的なものが選ばれているし内容も易しくなってますので、気軽に読めますよ。
6
タイトル 訳者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
フェアリーのおくりもの
市場泰男
社会思想社
1983年12月30日
480円
4-390-11096-9
トーマス・カイトリーの「フェアリー神話学」から、ヨーロッパ各地の妖精民話の大部分を訳出した本。
表紙は大好きなリチャード・ドイルの挿し絵が使われてます。スカンジナビアを始め、ドイツ、イギリス
もちろんアイルランドなどの妖精民話が沢山あって、嬉しくなってしまいます。いろんな国の妖精に
出会えるので、ぜひ読んでください。国が変われば妖精も変わります。性格も、大きさも。
7
タイトル 訳者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ケルト民話集
荒俣宏
筑摩書房
1991年9月24日
500円
4-480-02564-2
スコットランド出身フィオナ・マクラウドの著「THE SIN-EATREandOTHER CELTICTALES」の訳本。はっきり言って悲しすぎます。アイルランドの作品とは明らかに違います。なぜこんなに、悲しいのでしょうか?皆さんもぜひ読んでみて、彼の言っている「イオナ」について考えて見てください。
8
タイトル 訳者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
アイルランドの民話
大澤正佳・薫
青土社
1994年9月16日
3400円
4-7917-5332-1
ヘンリー・グラッシー編「IRISH FORK TALES」の訳本。青土社言えば「ユリイカ」ですが
さすがです。値段もさすが。でも内容はそれ以上です。お買い得。
大きく五つに分かれたお話は、語り手(シャナヒー)の名前、採取年代も明記されていて
勉強になります。しかし、厚いですこの本。「はじめに」だけで、40ページ近くあります。
物語も二段組みです。けど一つ一つはそんなに長くないので、ゆっくりと読んで、じっくりと
アイルランドの世界に浸ってください。
9
タイトル 訳者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ケルト幻想民話集
子辻梅子
世界思想社
1993年8月30日
560円
4-390-11435-2
J.ジェイコブスの「ケルト妖精物語」と「続ケルト物語」、P.W.ジョイスの「ケルトのロマンス」から
訳出された7つの物語で構成された本。フィンとフィアナ騎士団も載ってますし、「ダーマットとグラーニア
の運命」なんかもあります。やっぱりケルトの民話はいいです。他の本と重複しているお話もありますが
読み比べるのも面白いですよ。
10
タイトル 訳者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ケルト魔法民話集
子辻梅子
世界思想社
1995年6月30日
680円
4-390-11566-9
P.W.ジョイスの「ケルトのロマンス」、J.F.キャンベルの「ケルトの竜神話」から訳出された
4つの物語で構成された本。中でもケルト三大悲話の一つ「トゥレンの子たちの運命」は
ケルトファンでなくても、読んでおきましょう。他の二つを知りたい人は、ぜひ本を買ってください。
子辻梅子女史のこのシリーズ(ケルト妖精、ケルト幻想、ケルト魔法民話集)は、できれば全部
読んでおきましょう。お手ごろ価格ですしね。
11
タイトル 訳者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ゲルマン、ケルトの神話
清水 茂
みすず書房
1989年8月10日
1339円
4-622-00092-X
「世界の神話」よりゲルマン神話は、E.トンヌラ、ケルト神話はG.ロートとF.ギラン著の二章を訳出。
神話と言っても神話そのもののが、載っているのではなく神話の解説本といった感じの本です。
登場人物や内容、語句の説明など充実してます。
12
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
アイルランドの民話と伝説
三宅忠明
大修館書店
1978年5月20日
1600円
−−−−−
民話、伝説を含め29話取り上げられています。はじめには「アイルランドという国」の章でアイルランドの
いろいろな説明がなされていて、お話を読む前の予習と言った感じで分かりやすくなってます。
最後には民話、伝説の解説もついていて、これまたいいです。
13
タイトル 訳者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ケルトの神話
市川裕見子
丸善株式会社
1997年5月30日
1700円
4-621-06062-7
M.J.グリーン著書「Celtic Myths」の訳本です。以前紹介した井村君江著「ケルトの神話」とは
同じ題名ですが関係ありません。この本はどちらかと言うとケルトの歴史を中心に書かれてます。
しかし、他の歴史関連本よりは、神話中心です。
本文の構成がきちんとされており、とても読みやすいですよ。巻末には関係固有名詞、用語表も載ってます。
14 お気に入りの一冊 はうぐとぅーささん
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ロシア民俗夜話
忘れられた古き神々を求めて
栗原成郎
丸善ライブラリー
1996年4月20日
700円
4-621-05190-3
ヨーロッパの他の多くの国と同じようにロシアでも、キリスト教改宗以前の「異教」は、キリスト教と混淆して残存しています。そうしたものは、社会主義時代には「野蛮」として切り捨てられていたのですが、近年、こうした分野の民族学的研究はロシアで復活しているようです。 この本の著者は、ロシアの民間信仰・伝承の根本を、そうしたスラヴの異教、古き神々に求めようと試みています。そして、聖とも魔ともつかない者のうちに、古代スラヴの神々たちを克明に浮かび上がらせています。 ただ、ケルト系の妖精とは全く違うのですが…… あと、私はロシアの妖精伝説ともいえる『雪娘(スニェグーロチカ)』の昔話が好きです。
この本でも少しだけ紹介されていますよ。(文:はうぐとぅーささん)
15 お気に入りの一冊 夏崎はるかさん
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
虚空の神々
Truth In Fantasy
建部伸明と怪兵隊
新紀元社
1990年4月26日
1748円
−−−−−
RPG用ではありますが、一冊の中にケルトとゲルマン神話を半分づつ載せています。
辞典風に神々を紹介しているので、かなり読み易く書かれています。(文:夏崎はるかさん) 
16 お気に入りの一冊 木精さん
タイトル 訳者
出版社
発行日 定価 ISBNコード
北欧神話物語
山室静・米原まり子
青土社
1991年9月30日
2400円
4-7917-5149-3
北欧神話について一通り書いてあります。
あと簡単ではありますが北欧のいろいろな妖精についても書いてありますよ。
(文:木精さん)
17
タイトル 訳者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ケルト神話物語
山本史郎
山本泰子
原書房
1998年6月24日
2800円
4-562-03098-4
イアン・ツァイセック著「Chronicles of the CELTS」の訳本。
日本語タイトルには【図説】と書かれている通り 写真や絵がたくさん注釈と共に載っているので大変ためになります。お話はアイルランド・ウェールズ・ブルターニュに分かれていて それぞれに伝わる神話を紹介。
でもやっぱり アイルランドが半分を占めてます^^。
18
タイトル 訳者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ケルト神話の世界
田中仁彦・山邑久仁子
中央公論社
1998年7月10日
2800円
4-12-002812-7
ケルト神話を歴史を元にいろいろな資料で紹介。
神話に限らず歴史や登場人物・背景などもお勉強出来ます。特に各章の解説はためになります。
もちろんフィンやアーサー王もしっかり登場してます。