■妖精 ■妖精物語 ■神話・民話 ■読みもの ■アーサー王関連 ■イラスト ■歴史 ■資料 
 ■雑誌等 ■洋書 ■登録本一覧 ■未読本 ■投稿用紙
 アーサー王関連 
Tue, Aug 31, 2004
1
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
アーサー王ロマンス
井村 君江
筑摩書房
1992年4月22日
580円
4-480-02611-8
アーサー王伝説についてやさしく解説がしてあり、とても読みやすいです。
アーサー王ファンでなくても読んでみましょう。
(はじめに)と(あとがき)は飛ばさず読みましょう。
2
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
アーサー王伝説紀行
加藤恭子
中公新書
1996年6月30日
680円
4-12-101062-0
アーサー王伝説ゆかりの地を紹介しながらのお話は、時間が経つのを忘れてしまいます。
読んだ後思うのは、「今度の旅行は決まった!!」でしょうか?う〜ん。でも無理だよね。
行ける人はぜひ、この本もごいっしょに。(私もつれてってー)
3
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
ケルト神話と中世騎士物語
田中仁彦
中公新書
1996年6月30日
740円
4-12-101254-2
前半はケルトについて、とりわけ第一部「ケルト人と他界」は物語、文献などとをもちいた説明で
とても勉強になります。(もちろん第二部も)
後半(第三部)は、アーサー王伝説中心のお話。文献がいっぱいでてきて、これまた勉強になります。
4
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
英吉利文学と詩的想像
尾島庄太郎
北星堂書店
1953年11月25日
700円
***
序文での「ケルト民族とその文化の概観」でも分かるように、ほとんどケルト文学の内容の本。
中でも第三編「ウェールズのケルト文学」ではアーサー王伝説、聖杯伝説を始め、もうアーサー王ばかりです。
古すぎて読むのに一苦労です。古い漢字、言い回しは難しいです。でも内容はすごく良いです。
語源、索引など充実してますし、新しく出るのを期待したいです。ほんと。
5
タイトル 訳者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
アーサー王の死
厨川文夫・厨川圭子
筑摩書房
1986年10月25日
760円
4-480-02075-6
原題は「Le Morte Dartur」。数あるアーサー物語の中でもよく知られている物語。
サー・トーマス・マロリー(Sir Thomas Malory)が書きウィリアム・キャクストン
WilliamCaxton)が編集、刊行した物語。
何も言いません。皆さんも読んでアーサーファンになろう!^^;
解説はためになるぞ^^。
6 お気に入りの一冊 :おーた あきひこさん
タイトル 著者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
アヴァロンの霧
早川書房
下記参照
下記参照
下記参照
下記参照
(邦訳では、異教の女王、宗主の妃、牡鹿王、円卓の騎士、の四分冊)
(順に1988年4月30日、同8月20日、同11月30日、1989年1月15日)
(順に700円、600円、580円、640円)
(順に4-15-020110-2、4-15-020114-5、4-15-020117-X、4-15-020119-6)
アーサー王ロマンスを、女性のキャラクターの視点で展開する作品です。
モーゲン(モーガン・ル・フェイ)による回想、というスタイルをとっている点が水際立ってます。
ブリテン島を席巻するキリスト教に抗い、土着のドルイド教を復権しようと画策するモーゲンの“女の戦い”
がお話の主幹になってます。
ケルト人の原始宗教が詳しく調べてあり、そちらに興味のある方にもお勧めします。
少女マンガチックな表紙絵(それもえらく古風)に、ひるみますケド。(文:おーた あきひこさん)
7 お気に入りの一冊:辻森 敬純さん
タイトル 訳者 出版社 発行日 定価 ISBNコード
完訳
アーサー王物語
中島邦夫・小川睦子・
遠藤幸子 共訳
青山社
(神奈川)
1995年12月20日
セット9333円
4-915865-62-2
「アーサー王物語」は名前は有名だが内容は余り知られていない。絵本や少年向けには幾つか出ており、キャクストン版の忠実な厨川訳も内容は3分の1に過ぎない。ケルト伝説から起こり12・3世紀のフランスで語り継がれ、膨れ上がった物語を、15世紀に集大成したのがイギリスのサー・トマス・マロリーである。物語の実体を広く知ってもらいたいと、原本により近いウィチェスター写本から平易な日本文に初めて完訳したのが、マロリーの語法研究で学位を授与された中島博士らの本書でhttp://www.dango.or.jp/shoseki/seizansha/index.htm より)私は現在、E. Vinaver編の「アーサー王の死」をマンツーマンの授業で読んでいるので、その訳本としてこの本を内緒で使っています。
その他、アンヌ・ベルトゥロ著,松村剛監修,村上伸子訳 『アーサー王伝説』(「知の再発見」双書71)創元社1997年10月20日(文:辻森 敬純さん)
小林仁美さん
日本初の完訳アーサー王物語です。昨年8月に2刷りを発行いたしました。
小社のHPアドレスも紹介いただいておりますが、変更になりましたのでお知らせいたします。
http://www.seizansha.co.jpです。
1998年8月26日(2刷り発行)
上下セット定価(本体9333円+税) (文:小林仁美さん)