メルクリンZ ジオラマギャラリー

このページでは、これまでに撮りためたmarklin_Zの小型レイアウトの情景写真を紹介しています。
縮尺220分の1、縦36cm、幅105cmの小さなデスクトップレイアウトですが、ジオラマの効果でとても広く感じられます。



●車両の写真



DB BR221(V200.1)、marklin 88201です。ERA III





DB BR216(V160、通称Lollo)、marklin 8866です。ERA III
この写真の腕木式信号機は、裏側が真っ白ですが、実際は黒の縁取りがあります。






DB BR218のOrientrot色、marklin 8879です。ERA V
模型は、細部までうまい具合に表現されていて、アップでも見栄えがします。






DB BR212のVerkehrsrot色(トラフィックレッド色)、marklin 88691です。ERA V
模型はボディが亜鉛ダイキャスト製で、とても静かでスムースな走りをします。






DB BR042、オイル炊きのミカド型SLで、marklin 88272です。ERA IV
ミカド(動輪4軸)ですが、模型の接地車輪は2軸のみのため牽引力が低いのが難です。






DB BR85、動輪5軸の支線用SLで、marklin 88885です。ERA III
日本のSLでいえばE10に近いSLです。






DB BR798(VT98)レールバス、marklin 8816です。ERA IV
古い製品で、アップだと少しごつい感じがしますが、実際の模型は雰囲気よく仕上がっています。
人はプレイザー社のものですが、犬はウッドランドシーニックスのNスケールのものです。






DB VT11.5ディーゼルカー、marklin 88733です。ERA III
この写真は信号機を配置する前に撮影したもので、現在はこのアングルで撮影できなくなりました。






DB VT11.5ディーゼルカーのサイドビュー。
フロントのボンネット内には1100馬力のディーゼルエンジンが収納されています。






DB VT11.5ディーゼルカーが最初に運用に就いたTEE、「SAPHIR」





DBの旧型の客車、SilverlingeのVerkehrsrot色(トラフィックレッド色)。ERA V





クレーン貨車のキャブのクローズアップです。ERA IV





クレーン貨車のアーム部分です。





石灰石などを運ぶための2軸のダンプ貨車でmarklin 82377。ERA V
模型は細かな部分まで、よく作り込まれています。






スイス国鉄、SBBの木材運搬貨車。ERA V
marklin 82516で、4両セットです。模型の積荷は木製のものが付属しています。






DBの2軸タンク貨車とHP社の広告のついた貨車。ERA IV





DBの石炭運搬用大型ホッパー貨車。marklin 86303。ERA III
この模型はGBAGの私有車5両セットで、写真のようにmarklinオリジナルのウェザリングが施されています。






●いろいろなシーン


給水塔の横からの眺めで、レイアウト拡張前のものです。
DLは、BR218のタルキス色、marklin 8878。






鉄橋を渡る、BR218ディーゼル機関車。





鉄橋を通過中のローカル線用旧型客車。





同じく、鉄橋を通過中の大型ホッパー貨車。
この、V200.1 DLの屋根もmarklinオリジナルのウェザリングです。






川沿いの並樹。





農家の横の牛さんたち。
プレイザー社の製品です。






信号所の駅員さん。





ワゴン車で帰宅したおとうさんと犬





ラティスの柵がある小さな家。
このラティスはエッチングパーツで、アイコム製のEP-35という1/144スケールのものです。






夜の駅に停車するVT11.5。
ライトはナトリウムランプを模した黄色のLEDと、蛍光灯を模した白色LEDの2色です。






ドイツ z-modellbau製のKoef II
長さ30mm以下、10gあまりのDLですが、貨車を4両以上牽引できます。走行もとてもスムースです。






ドイツ z-modellbau製のGlaskasten BR98
Koefと同じく極めて小さい模型ですが、スローで安定した走行をします。






VT11.5とBR216
おなじみの2両ですが、この風景はサマになります。






BR216。
このBR216、marklin 88783は2011年購入。最新の金型で、ディテールも繊細です。






このグラスカステンはR145を客車3両くらい引いて平気に走ります。
モーター電流も少なく、モーターも熱くならないので安心して遊べます。




*写真はデジカメ(Nikon CoolPix SQ、D200、CoolPix S600)で撮影し、一部色温度補正しています。

鉄道模型の小型レイアウトのホームへもどる