いつなにを観たか忘れちゃうんだよね。(^-^;;;

2000年に映画館で観た映画達

2002年に映画館で観た映画達
2001年に映画館で観た映画達
1999年に映画館で観た映画達

タイトル
日付
コメント(個人的感想だからねd(^-^;;)
ファイト・クラブ
1/19
話的には、かなり重い話で、落ちが単純な為、多くは語れないっす。(笑
私的には、疑問に思うシーンも多いのだが、それを上回る、インパクトシーンの連続
なんか、サブリミナルが数箇所入っていて、終わりのあたりに数コマ???
エンド・オブ・ディズ
1/20
いままで、テロリスト、宇宙人、ロボット兵器と戦ってきた、シュワちゃん。
今度は悪魔とのバトル。f(^-^;・・・次はなにと戦うのか!?
でも、ちゃんとした娯楽大作に仕上がっています、久し振りに面白かったっす。
シュリ
3/24
初めて映画館で韓国の映画を観ました。あわせて原作も読んでいる途中だったのですが。
感想はとてもハードな恋愛映画でした、クライマックスでは恋愛映画から南北問題にまで
発展させてしまっている辺り、すごい内容の映画だったと思います。
日本人としては、とても複雑な心境になる映画でした。
マグノリア
3/26
わたしには良くわからない映画でした。
雨のち曇り、ところにより蛙・・・・
映画を観た後に、パンフレットを熟読しても、釈然としませんでした。f(^-^;
トイストーリー2
3/31
世界初のフルCG映画の第二段。。
アニメーションの完成度はかなり高く、CGアニメとかのウンチクは、ど〜ぉでもいいって感じ。
大人から子供まで、純粋に楽しめる映画だと思います。
個人的には、吹き替え版がお勧めっす。バズライトイヤーの所ジョージがいいっす。(爆
スリーキングス
4/23
湾岸戦争を題材にした戦争映画
基本的には、クエートから持ち出された金塊を、横取りしようとする映画なのですが、
その過程において、多国籍軍が中途半端に作戦を終了したと、不満炸裂映画です。
アイアン・ジャイアント
5/10
宇宙から来た謎の鉄で出来た大型ロボットと少年との心のふれあい映画
話的にとても好感が持てる内容でした。ディズニー以外でトゥーンシェーダーを使った作品。
しかし、最近の映画って規格外のパンフを高く売るっす、なんだか絵本みたいなのを800円で買わされた。f(^-^;;
マーシャル・ロー
5/12
マーシャル・ローとは、戒厳令の事。ニューヨークに戒厳令がひかれ、テロリスト狩りが始まる。
テロリスト、軍隊、FBIと三つ巴の話で、スケールがでかいかと思って観に行ったが、
内容的には、刑事ドラマのノリで、地味な映画でした。
アンドリュー
NDR114
5/19
近未来・・家事をするロボット登場、製品番号NDR114
その中の1台が、ひょんな事で創造性を持ってしまう。
人生を考えるロボット・・いい感じの映画でした。
ロミオ・マスト・ダイ
5/21
ジェット・リー主演・・・VFXをマトリックスの製作スタッフが参加
X-RAYバイオレンスは、必殺・仕事人モード・・・バーチャルな感じのアクション
でも、ジェット・リーの超人的格闘は面白かったし、ストーリーも解り易い映画でした。
ミッション・トゥ・マーズ
6/20
NASAの火星有人飛行計画が発動、人間ドラマを絡ませつつ、未知との遭遇が・・・
映画の80%はシリアス(「2001年宇宙の旅」を彷彿とさせる)でしたが
残り、話を完結させる所で?????(お〜ぉい、そんなオチでいいのか〜ぁ??)って映画でした。
グラディエーター
7/8
リドリー・スコット監督、ラッセル・クロウ主演作品
グラディエーターとは剣闘士の事、ローマ帝国全盛期のお話。
2時間35分と言う大作でありましたが、面白かったので時間を気にしないで楽しめました。
ミッション・イン・ポッシブル2
7/11
ずばり、トム・クルーズのスパイ大作戦。(笑
面白かった事は、面白かったです。
でも、超人トム・クルーズにちょっと抵抗感がありました。
スチュワート・リトル
8/1
ネズミのスチュワートは、孤児院からリトル家へ、養子となりました。
お兄さんのジェームスと飼い猫のブルー・ベルと仲良くなれるでしょうか?
安心して子供に見せられる映画だと思います。
ネズミのスチュワートは、CGで作られたもの、毛の表現とか物凄く良くできてます。
マルコビッチの穴
10/3
人形遣いのクレイグは、奥さんの勧めで就職する事に・・・
就職先は7と1/2階にある資料整理の会社、さてはてどんな事に・・・
クレイグの人形がすばらしい動きをします。
なんて〜のに、感心してしまった映画でした。f(^-^;;
スペース・カウボーイ
11/18
ダイダロス計画宇宙飛行士の座を、チンパンジーに奪われ、40年後に宇宙へ行くチャンスを手に入れた、チームメンバー達に与えられた任務とは。
四人のダイダロスチームの古き良きスペースマンとしての心意気、素直に楽しめた映画でした。
PARTY7
12/18
石井克人監督第二弾、石井さんのギャグ映画です。
サメハダの様なクール感が減った気もしますが、面白かったです。
お気に入りのギャグは(本物)って所です。(笑