雑記 2003年10月

2003/10/10 実は旅に出てました。 今回は能登半島を周ってきました。 全体の距離は約1400kmぐらいでした。 フィルムカメラも持って行ったのですが、調子が悪く新しいフィルムを 入れて、2〜3枚撮ると巻き取られてしまうんです。 修理に出さないとだめそう。 変わりにデジカメで撮りまくりました。 そのうち、源外の旅にUPしようかなぁ、と思ってます。 多分、写真中心になると思います。 昨晩は双葉SAで車中泊をしたのですが、トラックが異常に多かったです。 このSA、PA以外も、トラックだらけ。 トラック用の駐車スペースからもあふれて、小型車の所に、我が物顔で 停まってました。 マナーなんて曖昧な言葉は好きじゃないのですが、もう少し、秩序を持って 停めて欲しいと思います。 PA,SAの入口、出口にも停まってるし。 危ないです。そのうち、取締りもありえると思います。 後、エンジンをかけっぱなしで寝てるのも、止めて欲しいです。 これはトラックに限った事ではないのですが・・・・ 現在の日本のディーゼルエンジンの排ガス、確実に有害です。 また、ディーゼルエンジン、うるさいです。 悪者ディーゼルエンジンですが、このエンジン達が、日本の発展に貢献 したのも事実です。 ヨーロッパでは、ディーゼルエンジンの方がクリーンとされているのに、 なぜ日本だけか? 作り手と使い手、取締りをする行政、みんなの手抜きでこれだけ大事になってます。 善悪を物のせいにしたがる、日本人。 要は使い手の問題でもあるのです。
2003/10/05 仕事も終わり、一段落つきました。 予告しておいて、今頃まで書けなかったので、書きます。(苦笑 「人」と言う字は、人と人が支えあって出来ている。 これって、あのTBSの人気ドラマ金八先生がよく言っていた言葉です。 でも、ちょっと気になるのです。 本当にそうなんでしょうか? 人と言う字、実は大地にしっかりと立つ一人の人間ではないのか? 確かに助け合いは大切だとは思うのですが、それだけを抽出して教える というのは、如何なものかと。 本来、人は一人でしっかりと立つ事が大事ではないのか? 例えば、大人と言う字ですが、その逆は子供。 大人の「大」と言う字も、両手を広げ、バランスを取りしっかり立つ姿。 または、問題を受け止めるために大きく手を広げる姿。 に見えませんか? 「人と人が支えあう・・」と書きましたが、ほら、一人一人立ってません? と、感動ドラマを鵜呑みにする怖さを思うわけです。 話変わって。 最近、工場の爆発火災が増えてます。 TVでもやってましたが、これは人災だ。 設備費の不足、人の不足といろいろ言ってます。 私が思うに、モチベーションの低さじゃないでしょうか? お金を貰って仕事をすると言うのは、プロです。 プロ意識が大事です。 しかし、昨今の経済状況を見ると、企業がやる事は、利益の確保。 つまり、なんだかんだと理由をつけて、賃金引下げ、リストラ・・・ それでは働いているプロ意識のある人々も、モチベーションが下がるのでは? 実際、私も1年ぐらい前はモチベーションがめちゃくちゃ下がりました。 普通の事が普通にできなくなる。 人と人の繋がりの仕事であるので、お金だけじゃない所もあるのですが、 その関係も悪くなれば、下がっていきます。 会社が赤字だから賃金引下げに応じろと、下ばかりにいちゃもんつけてる のは、最悪です。 経営陣が責任取ってる姿もちゃんと見せないと。 サラリーマン経営陣なら、給料半分カットとか。 赤字や黒字と言うのは、経営陣の責任です。 まずは、責任取った上で、下にもお願いするならまだしも、責任取らずに そんなこと言われたら、モチベーションが下がります。 もし、経営陣で読んでる方、まず自分の襟を正して見ましょう。