雑記 2002年12月

番外編(青森の旅) 12月の日記が少なさ過ぎなので、カフェスタで書いていた日記から 転載&少し変更して書き足します。 そんな訳で、ちょっと変わった日記です。 帰ってきました。(2002/11/25 write) 青森から帰ってきました。 周ったのは、青森、弘前、竜飛岬、十和田湖、奥入瀬。 今回、往復で1400kmで、向こうで600kmぐらい走ったのではないかと思います。 合計2000km。 つくづく、走るのが好きなんだなぁ、と思いました。 帰りも、極力、休む回数を減らしたのですが、9時間36分(カーナビ)もかかりました。 まぁ、途中、前沢SAで、前沢牛ステーキセット食べたり、佐野SAで、佐野ラーメン食べたり、 30分程寝たりしたので、こんなものかと。 続き1 (車中泊篇)(2002/11/26 write) えーっと、一人ですよーぉ。 CDの替えを忘れて、ずーーーーーっと、すがしかおをかけてました。f(^-^; カリブの車中泊でいいポジションを発見しました。 後ろのイスを一つ前に倒します。 すると荷室とほぼふらっとになるのですが、私の身長が173cm、 頭の部分がイスから落ちそう。 そこで、ヘッドレストを反対につけますと、いい感じで、枕になる事を発見。(笑 荷室には、トノカバーが付いているので、それはそのまま利用する事で、寒さ除けになりました。 寒かったのは、上半身側ですが、これは毛布をかけてしのぎました。 長年愛用していた、封筒型の寝袋2枚重ねにしたのですが、 そろそろ寝袋としての限界を感じました。 寝袋さえいいのであれば、もっと快適に寝られたと思います。 寝袋、新調しないといけないかなぁ。 昔、スキー場の駐車場では、−15度の車中泊も経験済み。 続き2 (碇ヶ関篇)(2002/11/27 write) そうこうしながら、再度、東北道を北へ向かいます。 このまま青森ICまで行くのもいいのですが、考え直し。 碇ヶ関ICで降りてみました。 ここは日本三大関所に数えられるそうです。 碇ヶ関の道の駅で、止ってみました。 碇ヶ関は津軽の玄関口だったようで、今でも関所を再現してあるそうです。 といろいろ説明なんかも読み進むうちに、あれ? インターネット無料体験!? 今回、PCは置いていったので、カフェスタへつなぐ絶好のチャンス。 そんな訳で、チャレンジ・・・ しかし、重過ぎでカフェスタは開かないし、プラグインが足りない・・・・ あきらめました。 続き3 (写真篇)(2002/11/28 write) いきなり、話が飛びますが、今日、現像からあがってきました。 久しぶりに1眼レフなんて使っちゃいました。 出来は、まぁ、まぁ。 時間が出来たら、どこかにUPするかも。 (多分、本家のHPだと思うけど) 最近、現像とか安いですが、今回はカメラ屋さんにだして、少しお金をかけてみました。 最近、フィルム離れしてたのも、なぜか、白っ茶けた写真しか撮れない?と思っていたからです。 安い所に出すとそのパターンになる気がします。 でも、富士のフィルムを出して、なぜ、現像所が コダックなの?と思う事も・・・・・ 追記・・・・ 三脚を持っていったのです、パノラマ風に撮影して、後で、 画像処理して繋げようと思って・・・・ んで、三脚の出番!!と思ったら、カメラをマウントする部分が、ない!! そうです、この三脚はマウント部分が外れるのです。 家に忘れました。 去年はカメラごと忘れるし・・・ まぁ、いいかぁ。(笑 続き4 (青森道中篇)(2002/11/29 write) 道の駅、碇ヶ関で休憩後、とりあえず青森の駅へ向かう事にしました。 国道を行く事、2つめの道の駅発見!! なにやら、りんごの直売に力を入れた、道の駅。 名前は・・・忘れた・・・・ そこで、いろいろ見てましたが、りんごが安い。 バケツ(そこは浅め)1杯300円。 多分、10個ぐらいは入っていたと思います。 しかし、ひねくれものなので、ぶらぶら見ていると、ビニールに入った見てくれ悪そげのを発見。 8個ぐらい入って、180円。 買いました、車に戻りさっそく、がぶり。 美味しいです。 その後、お土産売り場を見ていたら、北海道特産。 あざらしカレーの缶詰発見!! 嫌がらせお土産にぴったり。 でも、1000円は高いのでやめときました。 その他にも、熊カレー、鹿カレーと種類も豊富でした。 ここ、ジェラートも豊富で、どれを食べていいやら分からないので、止めておきました。 続き5 (青森1篇)(2002/11/30 write) 青森篇ですが、到着した日と帰る日に行ったので1,2に分けます。 とりあえず、青森駅に到着。 まぁ、だからなにかと言われると、なんとなく青森へ着いたぞって気分で。(笑 しかし、前回来た時に比べ、駅前再開発の影響で、市場は三分の一に縮小。 最初に来た時食べた、市場のラーメンを食べようと思ってましたが、お店が無くなってました。 変わりに大きなショッピングビルが・・・・ なんか、都会感が増してます。 駅周辺をうろうろ2時間ぐらいして飽きたので、再出発。 どーしようかなぁー、と青森駅近辺をうろうろ車で周ってみました。 そう言えば、前回も同じ様な事を・・・・ 前回は下北半島方面へ行ったので、津軽半島 方面へ、すると道路標識に「竜飛」60km。 2時間ぐらいかなぁ、と竜飛へ向かいました。 竜飛岬へ着いてみると、おぉ、イカ釣り漁船? が2〜3隻、えぇなーーぁ、ぽわーーん。 おぉ、灯台!! ぽわーーーん。 あれ?反対側の海にいっぱいの漁船!! もう、あたりは暗いので、明かりがきれい。 デジカメで撮ってみたら、光点のみでした。(笑 その後、辺りを見回すと、風力発電の風車が、たくさん、 J・カビラ並みに「素晴らしい!」です。 明日は十和田、奥入瀬に向かいたいので、竜飛岬を後に弘前へ向かいます。 今夜はどこで寝るかなぁ・・・ まぁ、岩手山SAに比べて暖かいので、 眠くなったら寝るつもりで、一路、弘前へ。 続き6 (弘前篇)(2002/12/01 write) 弘前に向い、弘前城の周りとうろついて見ました。 お堀だけかと思っていたら、お城もあるんですね。f(^-^; うろうろしたのは、なにを隠そう、ご飯を食べたかったから。 ファミレスしかやってない時間だと思い、カーナビで検索。 びっくりドンキーを発見!!って言うか、びっくりドンキーって。 青森でもびっくりドンキー・・・・ その他は、アトム!!ってここもハンバーグ屋さんじゃなかったかなぁ。 もしかして、青森の人はハンバーグ好き!? ハンバーグを食べ、明日は十和田湖入りなのですが、さすがに弘前の市内では車中泊は厳しい。 そんな訳で、十和田湖方面に向います。 東北のいいところは、チェーン脱着場があるんで駐車するには困らない点です。 そんな訳で、てきとーに車を停めて寝ちゃいました。 岩手山SAに比べると暖かかったで、寝すぎました。f(^-^; 9時ぐらいまで寝ちゃいました。(笑 朝はてきとーに、洗面所がありそうな所を検索すればいいし。 1人だと、結構、気楽、なーんにも考えず行動できるのがいいところです。(笑 続き7 (十和田湖、奥入瀬篇)(2002/12/02 write) メインディッシュ的、十和田湖&奥入瀬です。 初冬の十和田湖と奥入瀬の堪能♪ でも、その前に腹ごしらいを・・・・ んで、去年来た時に買ったるるぶを見てみると、奥入瀬観光センターに、八甲田牛の石焼!? ファミレスなんか探してる場合じゃない!(笑 一路、十和田湖へ。 登っていく途中の電光掲示板情報だと、滑り止め必要の文字が。 スタッドレスを履いてきてよかったーーーぁ。 しかし、登っていく途中に雪道があっただけで、 十和田湖へ降りていく道は雪がありませんでした。 雪道に慣れ親しんでない私には助かったかな?(笑 十和田湖に降りると、紅葉はすっかり終わって、うっすらと雪化粧をした、山々が見えます。 風も強くなく、湖面に映る山々が素晴らしい。 以前来た時は、十和田湖より、奥入瀬に惹かれた私ですが、途中の駐車場に車を停め、写真撮影。 とてもいい感じです。 でも、おなかすきましたねーーーぇ。 やっと、奥入瀬の入り口に・・・・・ 近いと思っていたら、そこから奥入瀬の奥に、観光センターが・・・・ あと、30分ぐらい。。。 とりあえず、奥入瀬は見ずに、観光センターへ直行!!(笑 おぉ、2回目に泊まった、奥入瀬グランドホテルの隣だったとは。 未だにグランドホテルの夕食が忘れられない!? でも、今回は観光センターで・・・ 入っていくと、あれ? 全部ラム肉に・・・・ 狂牛病のせいでしょうか・・・・・ 意地でも牛!! ステーキがあったので、それを食べました。(T-T) その後、見ていると、山葡萄ソフトとりんごソフトを発見!! 二つ食べるわけにもいかず、りんごをチョイス! おぉ、りんごの味が、うまーーーーーーぁい。 山葡萄は・・・わかりません。 その後、奥入瀬に戻り、写真撮影をしてました。 さて、この後、どーしよう。 そうだ、キャンプした場所を見ながら、青森へ戻ろう。 ここでの車中泊は、こわーーーぁい。(笑 裏八甲田辺りにも、雪道が多く存在してました。 でも、そんな大変って程じゃなく、スタッドレス&ABS付きでは、ノープロブレム。 キャンプ場の辺りは、雪防止なのかフェンスがめぐらされて、がっかりでした。 キャンプ場と言っても、牧草地の様で、見晴らしがよかった所で気に入ってたのに・・・・ その後、近くの八甲田温泉も見に行って見ると、雪のためか閉まってました。 そんなこんなで、青森市内へ向いました。 なにたべよー、ってらーめん食べちゃった。f(^-^; 食べ終わり、道を走っていると、まんが喫茶!! インターネットできる!! と、カフェスタに書き込んだのでした。(笑 青森市内で車中泊となると、青森港のフェリー乗り場がベスト。。 今日のお宿はここに決定。(笑 ちなみに、私、体臭はあまり無い様です。。 4連泊で仕事した時も、他の人に聞いたら、全然、気にならないと言われました。f(^-^; まぁ、この寒い時期って言うのにも、助けられてると思いますけどね。 暑い時期なら、きっとこの時点でホテル泊を考えていたでしょう。 続き8 (青森2篇)(2002/12/03 write) フェリー乗り場で、朝の支度を整え再度青森市内。 お土産、お土産、やっぱあの市場でお買い物を。 車を駐車場に入れて、出た所があの市場です。 物を見ていると、おばさんが話しかけてきました。 ドライりんごの試食もさせていただき、あとでまたきますと言って、市場を出ると目の前に、 大きなビルができてます。 普通のファッションビル・・・・ 興味なく通り過ぎ、商店街へ。なんかふつーです。 そう言えば、なんか三角のビルが出来てたなぁ、とそこへ行って見ました。 アスパム・・・観光センターの様なビルで、イメージキャラクタ、パムパムくん・・・変! 入り口を入ったら、津軽三味線の演奏会なんかやってました、暫く聞き入ってみました。 いいっすねぇ。 他に360度マルチスクリーンの青森紹介館(上映時間が合わず、みれませんでした) 電力会社のPR館などもあり、意外と楽しめます。(休館の為、見れず・・・楽しんだのか!?) 他をみると特産品、名産品の紹介各町の紹介VTRなんかをみてました。 その後、お土産をここで買い、残りはあの市場へおばさん覚えてました。(笑 そこで買うのですが、おばさん通路反対側のお店へ入って会計です。 あれ?って感じ。 また、別のお店で買い物しようとしたら、先客が居て、待っていると、また、そのおばさん登場。 世話役なのでしょうか? そんなこんなで、帰路へ付きました。 この日はずーーーっと雨だったので、スタッドレスの減りを気にせず走れそうです。 一気に神奈川目指して走ります。 続き9 (完結篇)(2002/12/04 write) お土産も買ったし、約10時間の走行なので、14時 回った辺りから、青森をスタート。 天気はあいにくの雨? いや、スタッドレスを履いているので、ちょうどいい? 雨ならば、タイヤの損耗も少ないだろうし。 三内丸山遺跡を横目に見ながら、青森ICへ。 東北道を進みます。 今回、時間を短縮したいと思い、出来るだけ休憩は少な目にしました。 ガソリン補給の観点から、行ける所まで行こう!と思ってたのですが、前沢SA・・・前沢牛!? 食い意地のはった私はここで休憩。 ガソリンはまだ少しあるので、補給せず、自分の腹にだけ燃料補給。(笑 2500円前沢牛ステーキ定食を食します。 でも、ステーキ・・・薄かった・・・・ その後、再スタート、ガソリンがやばそうな所まで走り、SAに進入・・ ガソリン補給して再スタート うーん、レースみたい。(笑 んで、暫く走ると、お腹がいっぱいなので眠くなってきました。 また、SAにはいり、30分ぐらい仮眠。 再スタート。 途中、嫌なトラックに絡まれ、こちらも意地悪しながら、走る事、 9時間36分で、あざみ野に戻りました。 深夜なので、首都高もスムーズかと思い気や、渋谷線で、見事に渋滞に捕まったりしましたが、 他は特にトラブル無く帰ってきました。 今回、約2000kmの旅でしたが、リフレッシュ度70%って感じで、 いいびんぼー旅行でした。 次ぎ行く時は、奥入瀬グランドホテルに泊まりたいものです。(笑 あっ、次はお袋連れて、八戸か!? おわり・・・!?
2002/12/29 久しぶりに書く!! あーーーぁと言う間に、今年も終わりだぁ。 12月に入ってから、なんかすごーく大変な仕事ばかりで、 日記も書く事ができない状態に・・・(80%ホント) これで稼いでいれば、問題ないのですが、稼げないんだよなぁ。 来年は、O社さんだけではやばいので、もっと広く仕事ができるように 努力する年にします。 あと、アクセス解析が使いやすくなったと思ったら、サービスを中止・・・ 埋め込みまくった、CGIを消す作業をしてました。 HPの大掃除だな、こりゃ。
2002/12/08 さぼってまーーーーーーぁす。 どーしたんでしょうね。 って、言うか書く事がない。 仕事から解放された感が強いので、ゆーっくりしすぎてます。 まぁ、それでも今週から、がんばらないといけない仕事なので、 今年の最後のがんばりをしようと思ってます。 旅日記に、青森の旅の写真をUPしました。 寒いと思っていたら、夜になって雪が降ってます。 おーさむ。
2002/12/05 すげーさぼり。 11月はほとんど日記も書かず、12月になってしまいました。 まだ、お仕事のダメージが完全には抜けてません。 でも、今日は1本納品しました。 次のお仕事も大変そうです、今年はもうだめですねぇ。