CorelDRAW

ノードの方向編集

パスのノードの回転方向の編集をするためのスクリプトで、回転方向によるパスの色分け表示と、方向設定ができます。

もともとは、Corel Users' Club のメーリングリストでパスの方向(閉じたパスが右回りになっているか左回りになっているか)の判断方法を質問して、そのためのスクリプトも頂き、その場では解決したのですが、それをきっかけに自分でも勉強をかねて作ってみたスクリプトです。

パスの方向の確認・編集の作業はめったにはありませんが、必要なときはかなりたくさんあるので、確認のしづらさもあいまって、けっこうしんどい作業になります。(なぜ回転方向にこだわるかは、こちらをご覧ください。)

このスクリプトでけっこう楽な作業になるんじゃないかと期待しています。

スクリーンショット ダウンロード

使い方

インストールと起動

NodesDirection.gms ファイルを、C:\Program Files\Corel\Corel Graphics 12\Draw\GMS フォルダか、そんな感じのフォルダに移動して CorelDRAW を起動します。

ツール - VisualBASIC - 再生 で、マクロの場所に NodesDirection を選ぶと、いろいろなマクロ名が出てくると思いますが、Main.Main を選びます。

操作

一つかあるいは複数のシェイプを選ぶと、その中にあるパスが回転方向に応じて色分けされ、また、ダイアログのパスリストにもアップされます。

編集したいパスがあったら、その線をクリックするか、パスリストから選んで、右回り左回りなどの編集をします。

その他

回転方向の求め方が、面積からと左上からの二つがありますが、そのあたりの説明は、こちらをご覧ください。バージョン13以上で実行すると、CDR標準という選択肢もできて、コーレルドローの標準機能が使えるつもりですが、動作確認をしていないだけでなく、仕様もあまり知らないので注意してください(もし使用の際は ShapeUtils モジュールにある GetDirectionByCdrStd 関数のコードを正しく書き換えてください)。

おまけの機能として、シェイプごとにパスをウェルド というのがありますが、これは、複数シェイプを選択しているときに、シェイプ同士はウェルドせず、同じシェイプ内のパス同士を個別にウェルドするものです。最終目的はウェルドすることなのでついでにつけました。

自分で書いていて、パスの方向といったり、ノードの方向といったり一貫性がないことに気がつきました。正確にはノードの公転の回転方向、パスの自転の回転方向といったところだと思いますが、大目に見てください。

たかなし <colombai(domain:pluto.dti.ne.jp)>